2015年01月18日 09時00分 UPDATE
特集/連載

Amazonの商魂が潜在顧客を遠ざける?徹底レビュー:Amazonが本気を出した新タブレット「Fire HDX 8.9」、たった2つの欠点とは

米Androidの新しい「Fire HDX 8.9」(2014年モデル)は、市場に出回っている中型タブレットの中でも屈指の製品となっている。だが、Amazonストアとの結び付きが強いことが、一部の潜在顧客を遠ざけてしまう恐れもある。

[Ed Hardy,TechTarget]

関連キーワード

Amazon | OS | Android | スマートデバイス | タブレット


0116_kf_fire_hdx_89_001.jpg Amazon Fire HDX 8.9(2014年モデル)

 米Amazonは2014年秋に「Amazon Fire HDX 8.9」の新型をリリースした。2013年モデルと比べて、プロセッサの高速化、サウンド機能の向上、ソフトウェアの更新が施されている。その一方で、ディスプレーとデザインについては従来モデルを踏襲している。

 本稿でレビューする新しい2014年モデルは、価格はわずか379ドル、画面は9インチに満たないが、Amazonの最大かつ最も高価なタブレットだ。

仕上がりとデザイン

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news008.jpg

伊藤忠テクノソリューションズ藤岡良樹氏が語る、老舗大手SIerにマーケティングが必要になった理由
30年にわたりIT系B2B企業のマーケティング支援に携わってきたエキスパートが、マーケティ...

news085.jpg

スマートスピーカー対応の広告配信ネットワークを構築して音声広告配信、博報堂DYメディアパートナーズなど3社
博報堂DYメディアパートナーズなど3社は、スマートスピーカーなどで提供されるニュースコ...

news012.jpg

スマホネイティブの情報収集行動は「スクショ」「いいね!」――博報堂調べ
「スマートフォンユーザー情報行動調査2018」の結果が発表されました。スマートフォンの...