2015年01月21日 08時00分 UPDATE
特集/連載

モバイル専門家4人が2015年を予測Apple×IBMの「iOS提携」は大吉か? 2015年のモバイル動向を占う

企業のモバイル活用を取り巻く大きな動きが相次いだ2014年。こうした動きは、2015年のモバイル活用にどのような影響をもたらすのか。専門家4人の見解から予測する。

[Jake O'Donnell,TechTarget]
tt_tt_Mobile_01.jpg

 2014年は、企業のモバイル端末活用にとって大きな変化のある1年だった。デバイス管理、アプリケーション開発、モバイルベンダーの関心により、2015年にはさらなる変化が予想される。

 2014年初頭には衝撃的なニュースが飛び込んできた。それは、米VMwareが15億ドルもの費用を掛けてエンタープライズモバイル管理(EMM)ベンダーの米AirWatchを買収するというニュースだ。それ以降、モバイルに関する大規模な買収の頻度は緩やかに下降線をたどっている。ベンダーは、統合されたデバイス管理の機能の溝を埋めることとパートナーシップに集中している。

「iPad Air 2 Wi-Fi 16GB」、読者プレゼント実施中!

iPad Air 2

TechTargetジャパンは、2015年に企業が注目すべき最新技術の関連記事を集約したテーマサイト「はやる技術を先取りチェック 大胆予測、2015年に伸びる注目技術はこれだ」を開設しました。本テーマサイトの開設を記念して、「iPad Air 2 Wi-Fi 16GB」を抽選でプレゼントします。


Apple×IBMのタッグで変わる企業のモバイル活用

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news088.jpg

電通と日本マイクロソフト、視線検知を活用した人工知能型屋外広告を提供開始
電通と日本マイクロソフトは、リアルタイムオーディエンス分析と視線検知によるインタラ...

news085.jpg

ぴあ、「PIA DMP」とGoogle「DoubleClick Bid Manager」を連携したコンサルティングサービスを提供
ぴあは、DMPサービス「PIA DMP」において、Googleが提供するデジタル広告プラットフォー...

news075.jpg

KPIの到達可能性をAIが判断して広告配信を自動最適化、マイクロアドが「UNIVERSE FFM Version1.0」を提供
マイクロアドは、「UNIVERSE フルファネルマネジメント Version1.0」を提供開始した。