2015年01月23日 15時00分 UPDATE
特集/連載

帯域幅利用の強化、SMB 3.0経由のレプリケーション管理者が思わず喜ぶ、次期Windows Serverのストレージ2大機能

2015年に登場予定であるMicrosoftのサーバOSの次期バージョンでは、ストレージ機能の強化が盛り込まれる。この技術は、Hyper-Vの管理・運用を大幅に改善させる可能性がある。

[Brien Posey,TechTarget]
jo_tt_150123_ss.jpg

 2015年に登場予定であるMicrosoftのサーバOSの次期バージョンは、ストレージ機能としてHyper-VのためのQoS(Quality of Service)とレプリケーションが盛り込まれる。

 あと数カ月でエンタープライズ向けのWindows Server次期バージョンが登場する。Microsoftは2大ストレージ機能となる「Windows Server Storage QoS」(Storage QoS)と「Windows Server Storage Replica」(Storage Replica)のプレビューを披露した。

帯域幅利用を強化するStorage QoS

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news019.jpg

「女の一生」リサーチまとめ
女性の思い描く「なりたい自分」、結婚の新常識、子育てに関して妻と夫の思惑は同じなの...

news109.jpg

970x250のサイズで常にメディアのトップに広告を表示、ヒトクセが「Smart Canvas Billboard」を提供開始
ヒトクセは、同社のリッチメディア広告配信プラットフォーム「Smart Canvas」において、D...

news115.jpg

「GenieeSSP」がネイティブ広告向け配信APIの提供を開始
ジーニーは、同社のインターネットメディアの広告収益最大化プラットフォーム「GenieeSSP...