2015年04月09日 15時00分 UPDATE
特集/連載

組み合わせでコストを削減AWSに加えてSoftLayerも利用、“マルチクラウド”実践企業の目的は?

米The Weather Companyが、AWSに追加してSoftLayerを導入しているというニュースが話題を呼んでいる。だが、クラウドの世界ではこうした取り組みが多く見られるようになっている。

[Beth Pariseau,TechTarget]
tt_aa_kaigai.gif

 米Amazon Web Servics(Amazon)は、クラウドコンピューティングのリーダー的な存在であるかもしれない。だが、「Amazon Web Servics」(AWS)が唯一のプロバイダーではない。

 Amazonのリファレンスカスタマーの米The Weather Companyは、導入済みのAWS環境に米IBMの「IBM Cloud SoftLayer」(SoftLayer)を追加導入し、マルチクラウド環境に移行したことで注目を浴びている。だが、クラウドコンピューティングが成熟するにつれて、Weather Company以外の企業もマルチクラウド管理戦略に乗り出すようになると見て間違いないとアナリストはいう。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

現代人の30のメディアライフスタイルとは?――電通調査
電通はビデオリサーチと共同で、生活者のメディア視・聴・読習慣を可視化し、30のメディ...

news061.jpg

「Adobe Audience Manager Audience Marketplace」が国内で利用可能に
Adobe Systemsは、同社の顧客とデータプロバイダー間のデータ取引を行う機能「Adobe Audi...

news045.jpg

売れるネット広告社、「確認画面後でアップセル」で特許権を取得
売れるネット広告社は、「確認画面後でアップセル」についての特許権を取得したと発表した。