2015年04月15日 15時00分 UPDATE
特集/連載

シンプルなテストで戦略を立てる頑固な“マーケティング神話”を一掃、ラスベガスのホテルが実践した分析技術の威力

米リゾート運営企業MGMは、必要な情報を収集していなかったり、コンテンツを分析していなかったりと、デジタルデータを十分に活用していなかった。BIツール導入でそれがどう変わったかを紹介する。

[Nicole Laskowski,TechTarget]
tn_tt_bi.jpg

 「われわれは自分たちをVegas of Vegas(ラスベガスの中のラスベガス)と呼んでいる」と語るのは、米リゾート運営企業MGM Resorts International(MGM)のeコマース担当副社長ジオフレイ・ワルドミラー氏だ。「MGMは米ラスベガスで、4万5000室のホテル、100軒のレストラン、50店のクラブ、20種のショーを運営している。繁華街の45%を所有しており、顧客は必ずわれわれのブランドを体験する」と話す。

 数百万人の人々が頻繁にMGMの施設を利用する。その人々に有意義な顧客体験を提供するカギは、「一貫性」だと、ワルドミラー氏は最近開催された米Gartner主催のビジネスインテリジェンス(BI)とアナリティクスのカンファレンス「Gartner Business Intelligence and Analytics Summit」で述べた。毎年開催される同イベントの講演者としてワルドミラー氏は、デジタル情報に依存するようになった顧客にサービスを提供するとき、次世代BIソフトウェアがどのように役立つかを説明した。

アナログとデジタルを結ぶ

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news008.jpg

伊藤忠テクノソリューションズ藤岡良樹氏が語る、老舗大手SIerにマーケティングが必要になった理由
30年にわたりIT系B2B企業のマーケティング支援に携わってきたエキスパートが、マーケティ...

news085.jpg

スマートスピーカー対応の広告配信ネットワークを構築して音声広告配信、博報堂DYメディアパートナーズなど3社
博報堂DYメディアパートナーズなど3社は、スマートスピーカーなどで提供されるニュースコ...

news012.jpg

スマホネイティブの情報収集行動は「スクショ」「いいね!」――博報堂調べ
「スマートフォンユーザー情報行動調査2018」の結果が発表されました。スマートフォンの...