2015年04月23日 08時00分 UPDATE
特集/連載

Software Defined Storage(SDS)製品紹介:Nexenta Systemsx86サーバとJBODの組み合わせでほぼ無制限にファイル拡張「NexentaStor」

Nexenta Systemsのストレージ専用OS「NexentaStor」は、x86汎用サーバとJBODの組み合わせによって、ほぼ無制限に拡張できるストレージ環境をより低コストで構築、運用できる。

[富永康信,ロビンソン]

ベンダーによって異なる、Software Defined Storage(SDS)の定義

photo エンタープライズストレージに必要な機能をソフトウェアで実装するNexentaStor《クリックで拡大》

 SDN(Software Defined Networking)に代表される「Software Defined」(ソフトウェア定義)という言葉がストレージ分野でも使われ始めた。現在、複数のストレージベンダーが「SDS(Software Defined Storage)」と銘打った製品を発表している。ただ、SDSという言葉自体が特定の技術やアーキテクチャを指すわけではなく、その定義は提供ベンダーによって異なる。

 2005年に設立された米Nexenta Systems(Nexenta)もそうしたSDSベンダーの1社だ。同社は2008年からストレージ専用OS「NexentaStor」を提供。2015年1月時点で約6000の企業が導入し、その管理総容量は1000ペタ(P)バイト以上だという。Nexentaではストレージの性能や機能、信頼性、可用性を維持しつつ、その導入・運用コストを抑える手法を提案している。本稿では、ネクセンタ・システムズ・ジャパン日本法人代表 松浦 淳氏の話を踏まえ、NexentaStorの特徴的な機能を紹介する。

x86汎用サーバとJBODの組み合わせでスケールアップ型ストレージ環境を構築

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news096.jpg

「KARTE for App」がモバイル計測ツール「Adjust」とデータ連携
「KARTE for App」がモバイル計測ツール「Adjust」とデータ連携を開始した。

news056.jpg

「C CHANNEL」、訪日タイ人をターゲットに想定した動画広告メニューを提供
C Channelは、タイ子会社のC CHANNEL(Thailand)において、訪日タイ人観光客向けに商品...

news020.jpg

カードタイプの電子マネー、地方で強いのは「WAON」――MMDLabo調べ
MMDLaboは、「2018年5月モバイル決済 利用者・未利用者比較調査」を発表しました。それに...