こんなSDSはイヤだ、導入で気を付けるべき4つの落とし穴Software-Defined Storageのリアルを語ろう

SDSを導入したいが、実装に時間がかかるし、知識も必要になる。そんなときに気をつけなければいけない4つのポイントについて説明する。

2015年04月08日 15時00分 公開
[George CrumpTechTarget]

 SDS(Software-Defined Storage)の概念に基づくアーキテクチャを実装することで、ストレージの柔軟性を高め、コストを削減できる。しかし、いいことずくめではない。実装に時間がかかったりシステムパフォーマンスに影響を与えることも事実だ。企業はこうしたSDSのデメリットにも目を向け、この技術が自社に合うかどうかを判断しなければいけない。

SDSの最初の実装には時間がかかる

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

「ダークパターン」の認知は2割にとどまる――クロス・マーケティング調査
調査会社のクロス・マーケティングが実施したダークパターンに関する調査(2024年)の結...

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。