2015年04月08日 15時00分 公開
特集/連載

こんなSDSはイヤだ、導入で気を付けるべき4つの落とし穴Software-Defined Storageのリアルを語ろう

SDSを導入したいが、実装に時間がかかるし、知識も必要になる。そんなときに気をつけなければいけない4つのポイントについて説明する。

[George Crump,TechTarget]

 SDS(Software-Defined Storage)の概念に基づくアーキテクチャを実装することで、ストレージの柔軟性を高め、コストを削減できる。しかし、いいことずくめではない。実装に時間がかかったりシステムパフォーマンスに影響を与えることも事実だ。企業はこうしたSDSのデメリットにも目を向け、この技術が自社に合うかどうかを判断しなければいけない。

SDSの最初の実装には時間がかかる

ITmedia マーケティング新着記事

news090.jpg

FamilyMartVision × LIVE BOARDのクロスメディアパッケージ 首都圏で販売開始
店舗内と屋外のデジタルサイネージの連携で、来店率と購買率共に向上させることが期待で...

news073.jpg

「dポイント」を活用したデジタル販促ソリューション、D2Cが提供開始
約8900万人(2022年3月時点)が利用する「dポイント」を期間や用途を限定する形でインセ...

news122.jpg

「ペプシチャレンジ」で煽られて焦ったコカ・コーラの“痛恨のやらかし”とは?
長年の間「コーラ戦争」を続けてきたCoca-ColaとPepsi。マーケティング施策でも切磋琢磨...