2015年06月19日 12時00分 UPDATE
特集/連載

GoogleやTwitter、Facebookは既に対応遅れてもやらないよりはまし、ホワイトハウスとAppleがHTTPS暗号化に本腰

セキュリティ脅威に備え、ホワイトハウスは全てのWebサイト/WebサービスをHTTPS経由でのみ提供すると発表した。Twitter、FacebookなどHTTPSアクセスに対応する企業も増えている。

[Sharon Shea,TechTarget]

関連キーワード

Apple | 暗号化 | iOS


tt_aa_kaigai.jpg ホワイトハウスの通達の画面《クリックで拡大》

 米ホワイトハウスは2015年6月8日、2016年12月31日までに「公にアクセス可能な連邦政府の全てのWebサイトおよびWebサービスは、セキュアな接続のみを介してサービスを提供する」とした通達を発表した。

 米国政府のCIOであるトニー・スコット氏による覚書は、HTTPSを「公的なWeb接続に対する現在利用可能な最も強力なプライバシーと完全性保護」と位置付ける。

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news106.jpg

マイクロアドとソフトブレーン・フィールドがO2Oマーケティング事業を開始
マイクロアドはソフトブレーン・フィールドと提携してオンラインから実店舗への来店集客...

news015.jpg

テレビCMを見ているとき、「脳」に何が起こっているのか?──ダイドードリンコのCM評価事例
脳科学の知見を応用して顧客の本音を探る「ニューロマーケティング」。今回はダイドード...

news019.jpg

情報格差の時代をサバイブするのは誰か?
子育てを終えた女性が思うこと、シニア世代の買い物事情、新入社員の不安な胸の内に改正...