2015年08月05日 15時00分 UPDATE
特集/連載

給料が高い上位5つのうち2つがクラウド関連職「クラウドで手に職を」 AWS、Microsoftに転職できる技術者の特徴

クラウドコンピューティング市場は、ITプロフェッショナル、特にオープンソースやPaaSの専門家にとって、チャンスに満ちあふれている。

[Paul Korzeniowski,TechTarget]
photo 年収別IT幹部の優先課題。TechTargetジャパン「年収が高いIT幹部の特徴、年収が低いIT幹部の働き方」より《クリックで拡大》

 変化はIT産業の常だが、今その変化の大きな部分を占めているのが、クラウドコンピューティングだ。クラウドが企業において確実に地歩を固めるとともに、ITプロフェッショナルには新しいチャンスがもたらされつつある。

 「企業は、技術に投資することで新規ビジネスのチャンスをつかんだり、生産性向上が可能になったりすることを理解している」と語るのは、人事・人材コンサルティング会社、米Robert Half Technologyの上級エグゼクティブディレクター、ジョン・リード氏である。

 今日、クラウドにはさまざまなキャリアパスがあるが、今最もホットで、かつ大きな可能性を秘めているものは「Platform as a Service(PaaS)」「OpenStack」、そしてベンダー固有のサービス群だ。主なものとして、米Clouderaや米Amazon Web Services(AWS)のサービス、米Microsoftの「Microsoft Azure」などがある。

平均年収ランキング第1位はPaaS専門職

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

日本アドバタイザーズ協会、広告業務全般における働き方改善を目指す取り組みを行うと発表
日本アドバタイザーズ協会は、広告業務に携わる人の働き方改善を目指す取り組みを行うと...

news064.jpg

ネット広告代理市場、2016年以降年平均16.4%の大幅な伸び──ミック経済研究所調査
ミック経済研究所の調査によるとネット広告代理市場の総市場規模は2016年度以降、年平均1...

news070.jpg

朝日広告社、クラウドソーシングを活用した動画サービスを提供開始
朝日広告社は、クラウドソーシングを活用した動画サービス「ASAKO VIDEO CROWD」の提供を...