2015年08月12日 08時00分 UPDATE
特集/連載

アプリの開発を迅速化する一方で制約もiPhone、Androidに対応したけれど……、社内スマホアプリ開発の “意外な盲点” (1/2)

「モバイルアプリケーション開発プラットフォーム(MADP)」は、アプリ構築を容易にする再利用可能なコードとクロスプラットフォーム機能を提供する。ベンダーロックインやOS標準による制限といったマイナス面もある。

[Eddie Lockhart,TechTarget]
画像 米Adobe systemsのMADPの中核を担う「Adobe Experience Manager Apps」

 企業に持ち込まれるモバイルプラットフォームは多種多様になってきている。IT部門は今、新しいコードの開発やアプリの構築に費やす時間やコストを無駄にすることなく、複数のOSで動作するモバイルアプリを作成する方法を必要としている。 

「モバイルアプリケーション開発プラットフォーム(MADP)」は、ビジネス用モバイルアプリに関するそうした課題を解決することができる。アプリ開発者は、再利用可能なコードやテンプレートを使用することでアプリケーションの開発プロセスを容易にすることができる。その一方で、カスタマイズ性に関する制限やベンダーロックインに対する懸念もある。

MADPとは何か、何ができるか

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news012.jpg

若者の夏休み離れ? 大学生の3割が「夏休みは楽しみではない」――Dpick調べ
Dpickが大学生を対象に「夏休みに関する意識調査」を実施しました。

news128.jpg

就職人気企業の採用担当者が重視するのは「クリエイティビティー」と「デジタルリテラシー」――アドビ調査
アドビ システムズ(以下、アドビ)は、日本に所在する企業の人事担当者を対象とした「新...

news064.jpg

「コードアワード2018」大賞はPerfume出演5G実証実験
D2Cは、デジタルマーケティングの広告賞「コードアワード2018」の最終審査を行い、ファイ...