2015年09月08日 15時00分 UPDATE
特集/連載

脱ソフトウェア衝動買いどうして買った? 一度も使っていないソフトウェアを減らすには (1/2)

IT担当者の人員不足や複数部門による別々の製品導入などにより発生する、一度も使用されていないソフトウェア。管理が煩雑になるための減らしたいがどうすればいいのだろうか。

[Mike O. Villegas,TechTarget]
tn_tt_soft001.jpg 米調査会社Osterman ResearchのWebサイト《クリックで拡大》

 企業における「シェルフウェア」(※)の問題が増大している。原因の多くはIT担当者の働き過ぎや人員不足、あるいは複数部門が同じ目的を達成するために別々の製品を導入していることにある。シェルフウェアを避けるための最善の方法とは。新製品の調達と製品の刷新を管理するにはどのような種類のベンダー管理システムが優れているのだろうか。

※企業が必要性を認めて購入したものの、一度も使用されていないソフトウェア。

 米調査会社Osterman Researchが米セキュリティ企業Trustwaveと共同で2015年1月に発表した調査によると、調査対象の組織の28%は、セキュリティ関連ソフトウェアへの投資を完全には活用できていないと回答した。報告書では、シェルフウェアが発生する主な原因を幾つか挙げており、その1つとしてIT部門の19%はソフトウェア導入のための十分な知識を持っていないことを指摘する。

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news069.jpg

マーケティングの革新と「明日のMarketo」――フィル・フェルナンデス氏(Marketo会長兼CEO)
進化し続けるマーケティングオートメーション「Marketo」。さまざまな新機能の狙い、そし...

news013.jpg

神田昌典×フィル・フェルナンデス(Marketo会長兼CEO)――「明日のマーケター」の役割について語り合う
マーケティングオートメーションの本質は単なる「効率化」にあらず。大好評連載の最終回...

news091.jpg

DHC、中国向けに初の越境ECをスタート
中国向け越境ECプラットフォーム「Wonderfull Platform」を運営するインアゴーラは、ディ...