2015年09月29日 12時00分 UPDATE
特集/連載

クラウドサービスは大丈夫?情報漏えいリスクがあってもiPhoneの社内利用を制限できない今日的な理由

多くのユーザーが自分の携帯端末からクラウドサービスにアクセスしているが、DropboxやGoogle Driveといったサービスを通じて会社のデータが流出するリスクは増大する一方だ。

[Alyssa Wood,TechTarget]
tt_aa_kaigai.jpg 新型モデル「iPhone 6s/6s Plus」の外観《クリックで拡大》

 真のモバイル化を実現するためには、たとえモバイルからデータが流出する恐れがあったとしても、IT部門がスマートフォンやタブレットを完全に統制することは不可能だ。

 モバイルの時代において、組織はデータ保護に対するアプローチを変える必要があり、それは困難を伴うこともある。本稿では米Dellのエンドユーザーコンピューティング担当エグゼクティブディレクター、ブレット・ハンセン氏が、エンタープライズモバイル戦略の中でセキュリティが果たす役割について解説する。

――現代のモバイルが意味するものとは?

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

インターネットは信用できるのだろうか?
パーソナルデータのマーケティングへの利用を消費者はどう感じているか、ソーシャルログ...

news071.jpg

フィードフォース、セルフサービスでデータフィードの作成・管理が可能なプラットフォームを提供
フィードフォースは、データフィードの作成・管理・最適化を広告担当者自身で行うことの...

news081.jpg

Facebook広告にオフラインでの行動データを活用、アクシオムがデータ提供
フェイスブックジャパンとアクシオムジャパンは、アクシオムが提供するオフラインでの消...