2015年11月27日 13時00分 公開
特集/連載

「iTeachers TV」最新番組紹介先生がITを使いたくなる“魔法の言葉”――桜丘中学・高校 品田副校長

生徒の前では失敗したくない――。そんな教員の思いに寄り添った、IT活用の活発化策とは? 桜丘中学・高等学校の品田 健副校長が明かします。

[TechTargetジャパン]

関連キーワード

教育IT | iTeachers | 教育


桜丘中学・高等学校の品田 健 副校長 iTeachers TV第25回は、桜丘中学・高等学校でのタブレット活用の旗振り役である、同校の品田 健 副校長が登場《クリックで拡大》

 2013年度から全専任教職員、2014年度からは全新入生がタブレットを活用する桜丘中学・高等学校(東京都北区)。「タブレットは学力向上だけでなく、教職員や生徒の創造性を刺激するツールだ」と、タブレット導入の旗振り役である同校の品田 健 副校長は強調します。現在は、授業や部活動、ホームルームでの活用に加え、入学試験業務の効率化にもタブレットをはじめとするIT製品を活用しています。

 そんな桜丘中学・高校が教員にIT活用を促す際に配慮したのは、「難しいことはやらなくていい」という姿勢の徹底でした。教科書をカメラで撮影してホワイトボードに投影するといった比較的単純な実践であっても、「これで構わないよ」と評価することで、教員のIT活用が進んだと品田副校長は語ります。「教員は、『生徒の前では失敗したくない』という気持ちがある」(同)。現場の教員の気持ちに寄り添ったことが、教員にとってITを活用しやすい雰囲気を作り出したのだといえます。

 週替わりのコーナー「教育ICTなんでも3ミニッツ」には、デジタルハリウッド大学の栗谷幸助 准教授が登場。動画教材の活用について解説します。最近では教育機関の間で、教員や学習者が自ら動画教材を作成する取り組みが広がりつつあります。とはいえ、撮影や動画編集に不慣れな人にとっては骨が折れるのも事実。「まずは既存の動画教材を授業で使ってみて、物足りなければ自ら動画教材を作成すればよいのではないか」と栗谷准教授は提案。動画教材が手軽に手に入るお薦めのサービスを紹介します。詳しくは番組をご覧ください。

 TechTargetジャパンの会員登録/ログイン後、下の「同意して閲覧する」(注)ボタンをクリックすると番組が閲覧できます。

注:システムの仕様上「同意して閲覧する」と表示されていますが、クリックや閲覧に伴って第三者へ個人情報を提供することはございません。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news042.jpg

訪日外国人観光客が礼賛、おもてなし力が高い日本の都市トップ10――Airbnb調査
訪日外国人旅行者の目的が体験型消費に移行しつつあるといわれる中、どのような都市が高...

news033.jpg

Facebook日本進出から10年、個人情報不正利用問題が広告事業に与える影響は?
Facebook日本進出10周年に当たり、フェイスブックジャパンは記者向けの説明会を開催。気...

news114.jpg

LINE、QRコード読み込みで即時抽選ができる店頭販促支援サービス「LINEインスタントウィン」を提供
LINEは、「LINE」を活用した店頭販促ソリューション「LINE SP Solutions」の新メニューと...