2016年01月14日 15時00分 UPDATE
特集/連載

ユーザーの操作性に影響Citrix vs. VMware、デスクトップ仮想化のプロファイル管理ツールを比較する

CitrixとVMwareのユーザープロファイル管理はいずれも、Windowsの基本的な移動プロファイルよりも仮想デスクトップのデータ保護やログイン/ログオフ時のレイテンシ削減に役立つ。両者の違いは?

[Brien Posey,TechTarget]
tt_aa_kaigai.jpg デスクトップ仮想化インフラ仕組み《クリックで拡大》

 米Citrix Systemsと米VMwareは、いずれもデスクトップ仮想化製品にユーザープロファイル管理ツールを組み込んでいる。これらのツールを使えば、Windowsの移動ユーザープロファイルを使う場合よりも仮想デスクトップの起動時間を短縮できる。

 ユーザープロファイルの管理は、仮想デスクトップ環境の重要課題の1つだ。ユーザープロファイルには個々のユーザー固有のデータが格納される。企業が移動ユーザープロファイルを使用する場合、プロファイルデータはWindowsサーバ上にあり、ログインプロセスの一環としてデスクトップにコピーされる。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news002.jpg

ユーザーと共に作る広告、期待と課題は? JIMOS担当者と語る
UGC(ユーザー生成コンテンツ)を広告に活用している企業ではどのような効果や課題を感じ...

news095.png

フロムスクラッチ、「b→dash」にGUIで自由にデータマートを作成できる新機能を追加
フロムスクラッチは、マーケティングプラットフォーム「b→dash」において、データウェア...

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...