2016年02月03日 12時00分 UPDATE
特集/連載

ヒラリー・クリントン氏のアドバイザーが語る2020年代は「ロボットが人間に命令する時代」、最も影響を受ける人は?

テクノロジー政策の専門家アレック・ロス氏は、認知ロボット工学が労働市場に与える影響と、未来の産業を手中に収めるのに米国が最も有利な立場にある理由を語った。

[Sue Troy,TechTarget]

関連キーワード

機械学習


 世界中で巻き起こっている革新の波により、これから10年の間に人々の暮らしや企業の在り方は大きく変わるだろう。ヒラリー・クリントン氏の国務長官時代にイノベーションアドバイザーを務めていたアレック・ロス氏は、自身の著書『The Industries of the Future』でそのように語っている。今回のインタビューでは、認知ロボット工学がもたらす影響と世界規模で戦おうとしている米国企業の展望について語った。

このインタビューは抜粋になります。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news008.jpg

佐藤尚之氏が語る、新規獲得が難しい時代だからこそ「ファン」を大切にすべき理由
これからのマーケティングが「ファンベース」であるべき理由とは何か。コミュニケーショ...

news134.jpg

Oracle、IBM、Adobeが語るデジタルマーケティングの新潮流
主要マーケティングツールベンダーは現在のマーケティングトレンドをどう見ているのか。...

news112.jpg

KDDI、ショッピングモール「Wowma!」出店店舗の中国向け越境EC参入をサポート
KDDIは、越境ECプラットフォーム「豌豆 (ワンドウ) プラットフォーム」を運営するInagora...