2016年02月25日 12時00分 UPDATE
特集/連載

「Xcode」の使い方からAppStoreでの配布までざっくり分かる「社内向けiOSアプリ」開発ガイド

iOSデバイス向けにアプリケーションを開発するのは簡単ではない。各種の手順を踏まなければならず、アプリケーションを配布する方法もさまざまだ。

[Eddie Lockhart,TechTarget]

関連キーワード

Apple | iOS | アプリケーション開発


画像 無料で使える「Xcode」《クリックで拡大》

 AppleのiOSデバイス向けにアプリケーションを開発するためには、さまざまな手順を踏む必要がある。

 まず開発者はiOS用の統合開発環境「Xcode」を学ばなければならない。次に、有効期限や更新ルールがそれぞれ異なる証明書やライセンス、プロファイルを適切に設定し、管理しなければならない。さらにその上で、アプリケーションをユーザーに配布するための最善の選択肢を検討する必要がある。

 iOSアプリケーションを発行する手順や配布方法の選択肢などについて、あらためて確認しておこう。

Xcodeの使い方

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

ABM実現のためのデータマネジメントサービスでサンブリッジがリアライズと提携
サンブリッジとNTTデータグループのリアライズは、アカウントベースドマーケティングの実...

news018.jpg

「ラストクリック依存」はなぜ失敗するのか?
CPA(顧客獲得単価)の最適化という目標は達成できているのに肝心の収益には貢献していな...

news047.jpg

Twitter広告におけるオーディエンスプランニングツール、アイレップが提供
アイレップは、Twitter広告のハンドルターゲティングにおける独自のオーディエンスプラン...