2016年03月14日 15時00分 UPDATE
特集/連載

キーボードショートカットを利用Windowsアプリをモバイルで使いやすくする「hopTo」とは?

「hopTo」のモバイル向けリモートデスクトップ機能「Mobile App eXperience(MAX)」は、シンプルなキーボードショットカットを使用してWindowsアプリのモバイル対応を可能にした。

[Gabe Knuth,TechTarget]
ttaa_kaigai.jpg hopToのWebサイト《クリックで拡大》

 モバイルユーザーが気に入るリモートデスクトップクライアントを探すことは、デスクトップ仮想化に関する新たな問題の1つになるだろう。あるベンダーが採用したキーボードショートカットを使用して、タッチスクリーンにおけるWindowsアプリケーションの操作性を向上する方法は、この問題の解となるかもしれない。

 多くの企業は従来のWindowsアプリケーションをモバイルデバイスで使用できるようにする必要に迫られている。その1つにアプリケーションのリファクタリングという方法がある。この方法では、コードを変更することなく任意のWindowsアプリケーションを瞬時にモバイルアプリに変換できる。ただし、モバイルアプリ用のユーザーインタフェース(UI)をゼロから再設計しなければならない。アプリケーションによっては、その作業に時間がかかる可能性もある。

異なるリモートデスクトップクライアントのアプローチ

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news085.jpg

ぴあ、「PIA DMP」とGoogle「DoubleClick Bid Manager」を連携したコンサルティングサービスを提供
ぴあは、DMPサービス「PIA DMP」において、Googleが提供するデジタル広告プラットフォー...

news075.jpg

KPIの到達可能性をAIが判断して広告配信を自動最適化、マイクロアドが「UNIVERSE FFM Version1.0」を提供
マイクロアドは、「UNIVERSE フルファネルマネジメント Version1.0」を提供開始した。

news061.jpg

マーケティングオートメーション×LPO トライベック・ストラテジーとデータアーティストがツール連携
トライベック・ストラテジーとデータアーティストは、それぞれが提供するツールの連携を...