2016年04月20日 08時00分 UPDATE
特集/連載

【連載コラム】医療ITの現場から2016年度診療報酬改定、「医師事務作業補助体制加算」で勤務医は楽になるか?

「医師事務作業補助体制加算」の導入が医師の負担軽減に一定の効果が見られるというアンケート結果を受け、2016年度改定で同加算の見直しが行われる。具体的な変更点はどのようなものだろうか?

[大西大輔,メディキャスト]
イメージ

 「医師事務作業補助体制加算」(詳細は後述)の導入が医師の負担軽減に一定の効果が見られるというアンケート結果を受けて、2016年度改定で同加算の見直しが行われます。具体的には、「加算1の引き上げ」「算定できる病棟の拡大」「勤務場所の緩和」などです。

医師事務作業補助体制加算とは

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news085.jpg

スマートスピーカー対応の広告配信ネットワークを構築して音声広告配信、博報堂DYメディアパートナーズなど3社
博報堂DYメディアパートナーズなど3社は、スマートスピーカーなどで提供されるニュースコ...

news012.jpg

スマホネイティブの情報収集行動は「スクショ」「いいね!」――博報堂調べ
「スマートフォンユーザー情報行動調査2018」の結果が発表されました。スマートフォンの...

news055.jpg

ブレインパッド、マッチングエンジン「Conomi」を新開発
ブレインパッドは、マッチングエンジン「Conomi」を開発したことを発表した。