2016年09月20日 15時00分 UPDATE
特集/連載

進化するDBMS市場【前編】データベース市場の革命は可能か、明白になってきた課題と次の躍進を探る

企業がソーシャルメディアやビッグデータ、IoTから得られる非構造化データの管理に注目する中、データベース管理システム(DBMS)市場に新しい風が吹いている。

[Paul Korzeniowski,TechTarget]

関連キーワード

Gartner | Facebook | データベース | NoSQL | RDBMS


国内ビッグデータ市場予測(出典:IDCジャパン、2016年6月)《クリックで拡大》

 陰りを見せていた「データベース管理システム」(DBMS)市場に光が差し込んでいる。この数年、DBMS市場は全くと言っていいほどに活気がなかった。企業が近代的なシステムのインフラに移行する一方で、DBMSの限界が目立つようになっている。この状況を受けて、多数のスタートアップサプライヤーが市場に攻勢をかけた結果、ユーザーの選択肢が増えている。

 「リレーショナルデータベース管理システム」(RDBMS)が登場したのは1970年代のことだ。RDBMSのおかげで企業はビジネス情報を保存できるようになった。Gartnerの調査によると、DBMS市場を支配しているのは3社で、その内訳は42%のシェアを占めるOracle、20%のMicrosoft、18%のIBMとなっている。これらのベンダーは初期のころから市場に参入しており、オンライン処理からデータ分析まで多様な用途をサポートするDBMS製品を提供してきた。だが高い需要とは裏腹に、革新はほとんど起きてこなかった。

ITmedia マーケティング新着記事

news135.jpg

オープンソースCMS「Drupal」商用版提供のAcquiaが日本市場に本格参入
Acquiaは、日本支社としてアクイアジャパンを設立したと発表した。

news115.png

Macbee Planetの成果報酬型広告運用支援ツール「Robee」、DACのDMP「AudienceOne」とデータ連携
Macbee Planetは、同社が提供する成果報酬型広告運用支援ツール「Robee」を、デジタル・...

news018.jpg

ミレニアル世代の85%が動画視聴後に購入の意思決定――Brightcove調査
動画コンテンツは購入の意思決定にどう影響しているのでしょうか。