2016年10月02日 01時00分 UPDATE
特集/連載

互換性トラブルを事前に確認しようWindows 10移行“あるある”、「Office」とドライバ問題を片付けるには?

「Windows 10」への移行について考える際には、ハードウェアの最小要件、「Microsoft Office」とデバイスドライバに付随する潜在的な問題、Webアプリの互換性を念頭に置く必要がある。

[Eddie Lockhart,TechTarget]
Windows 10 日本マイクロソフトのWindows 10紹介サイト《クリックで拡大》

 新しいOSへの移行は単純作業ではない。Microsoftの「Windows 10」も例外ではない。

 自社に最適なWindows 10のバージョンを決定したら、IT管理者はアップグレードプロセスがどのように進むのかを明らかにしなければならない。また、作業に着手する前に、自社のネットワークとデバイスがWindows 10に対応していることを確認する必要がある。ハードウェア要件からWebアプリの互換性に関する懸念事項に至るまで、Windows 10への移行が難しいのも、うなずける。

 Windows 10への移行に備えるIT管理者は、Windows 10の最小ハードウェア要件を確認し、「Microsoft Office」に関する問題の解決方法を押さえ、ドライバの不具合といった不安要素への対処法を理解しなければならない。

Windows 10の最小ハードウェア要件

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...