2016年09月08日 07時00分 UPDATE
特集/連載

「時間的な制約」が元凶か「Windows 10 Anniversary Update」でウイルス対策製品に不具合、その“目を疑う原因”とは

マルウェア対策製品のユーザーから、「Windows 10 Anniversary Update」のインストール後に問題が発生したとの声が挙がっている。その背景には何があったのか。

[Rob Wright,TechTarget]
Windows 10 Anniversary Update 役立つ新機能を豊富に備えたWindows 10 Anniversary Updateだが……(画面は日本マイクロソフトのWindows 10紹介ページ)《クリックで拡大》

 Googleのセキュリティ調査チーム「Project Zero」は、主要マルウェア対策製品の多くに存在する一連の脆弱(ぜいじゃく)性を発見し、その情報を公開した。特に深刻な問題の中には、Symantecの主力マルウェア対策製品の中核エンジンに存在する重大な脆弱性も含まれていた。マルウェアをスキャンするために、マルウェア対策エンジンそのものがWindowsカーネルの中で読み込まれることが、この状況をより悪いものにした。

 潜在的に悪質なコードをWindowsカーネルに持ち込むのは、部屋いっぱいのハトの中に、オジー・オズボーン(生きたハトを食いちぎるといった過激な行動で知られるミュージシャン)を連れて来て、品行方正を期待するようなものだ。Symantecのこの事例は残念ながら、マルウェア対策業界の憂慮すべき現状をあらためて認識させた。

 そしてマルウェア対策業界の窮状が今、再び脚光を浴びている。ただし今回はセキュリティ企業に過失はない。

マルウェア対策ベンダーの“第3の敵”

ITmedia マーケティング新着記事

news125.jpg

LINE広告、「ウォレット」タブでの広告配信を開始
LINEのさまざまなサービスのゲートウェイである「ウォレット」タブ上で運用型広告の配信...

news083.jpg

メルカリ調査で判明 フリマアプリは「新品」の購入も後押しする
フリマアプリの普及で中古品の二次流通が活発になると新品が売れなくなると思われがちで...