2016年08月20日 07時00分 公開
特集/連載

IE旧版のサポート終了で浮上、“Webアプリ互換トラブル”を華麗にやり過ごす3つの方法Windows 10搭載の「Microsoft Edge」はダメ?

IT部門は古いアプリケーションが新しいWebブラウザでうまく動作しない問題にしばしば直面する。だがMicrosoftのIE 11は、Windows 10が抱えるWebブラウザの互換性問題に対処できる。

[Alyssa Wood,TechTarget]

関連キーワード

Windows 10 | Microsoft Edge | 仮想化


Internet Explorer 11 for Windows 7(出典:日本マイクロソフト)《クリックで拡大》

 Webベースの業務アプリケーションを配信するとき、「Internet Explorer」(IE)の互換性が問題になる場合がある。「Windows 10」へ移行しても、この問題は悪化するだけだろう。

 Windows 10では、デフォルトのWebブラウザがMicrosoftの新しい「Microsoft Edge」(Edge)に変更されている。だがWindows 10には「Internet Explorer 11」(IE 11)も搭載されている。WebアプリケーションのホスティングをIEに依存している企業はいまだに多い。さらにMicrosoftは2016年1月をもってWindows 7/8.1を対象にIEのバージョン8、9および10のサポートを終了したため、IT担当者はIE 11で全てのアプリケーションを適切にサポートする方法を把握しておかなければならない。

 VMwareのエンドユーザーコンピューティング部門で最高技術責任者(CTO)を務めるショーン・バス氏は、「BriForum 2016」で催されたセッションの中で、このWebブラウザの互換性に関する問題について論じた。同氏は、Windows 10のWebブラウザ互換性について、IE 11で正しく動作しないアプリケーションに対処する幾つかの方法を共有した。

リモートデスクトップセッションホスト

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...