2016年08月20日 07時00分 公開
特集/連載

IE旧版のサポート終了で浮上、“Webアプリ互換トラブル”を華麗にやり過ごす3つの方法Windows 10搭載の「Microsoft Edge」はダメ?

IT部門は古いアプリケーションが新しいWebブラウザでうまく動作しない問題にしばしば直面する。だがMicrosoftのIE 11は、Windows 10が抱えるWebブラウザの互換性問題に対処できる。

[Alyssa Wood,TechTarget]

関連キーワード

Windows 10 | Microsoft Edge | 仮想化


Internet Explorer 11 for Windows 7(出典:日本マイクロソフト)《クリックで拡大》

 Webベースの業務アプリケーションを配信するとき、「Internet Explorer」(IE)の互換性が問題になる場合がある。「Windows 10」へ移行しても、この問題は悪化するだけだろう。

 Windows 10では、デフォルトのWebブラウザがMicrosoftの新しい「Microsoft Edge」(Edge)に変更されている。だがWindows 10には「Internet Explorer 11」(IE 11)も搭載されている。WebアプリケーションのホスティングをIEに依存している企業はいまだに多い。さらにMicrosoftは2016年1月をもってWindows 7/8.1を対象にIEのバージョン8、9および10のサポートを終了したため、IT担当者はIE 11で全てのアプリケーションを適切にサポートする方法を把握しておかなければならない。

 VMwareのエンドユーザーコンピューティング部門で最高技術責任者(CTO)を務めるショーン・バス氏は、「BriForum 2016」で催されたセッションの中で、このWebブラウザの互換性に関する問題について論じた。同氏は、Windows 10のWebブラウザ互換性について、IE 11で正しく動作しないアプリケーションに対処する幾つかの方法を共有した。

リモートデスクトップセッションホスト

ITmedia マーケティング新着記事

news140.jpg

ゴールデンウイークの消費「かなり減った」が過半数――モニタス調査
2020年のゴールデンウイークにおける消費の実態調査です。

news118.jpg

コロナ禍で変わる広報活動、最も伸びた利用ツールは「Zoom」――本田事務所とベクトルが調査
8割の広報人材が新型コロナで「広報活動に影響が出た」と回答。「広報は変わる」と考える...