2014年11月15日 09時00分 公開
特集/連載

頑固な「IE」派も寝返る「Chrome」「Firefox」の実力Webブラウザを今乗り換える理由とは

「Chrome」や「Mozilla Firefox」などのWebブラウザは「Internet Explorer」(IE)を脅かす存在になっている。IEユーザーは乗り換えを検討すべきだろうか?

[Rob Reilly,TechTarget]

 米Microsoftの「Internet Explorer」(IE)はWebが誕生した間もないころからデスクトップPCとノートPCでデフォルトのブラウザとして活躍してきた。「Windows 」にバンドルされており、基本的に無償で提供されている。Microsoftが提供する標準ブラウザのIEを米Googleの「Chrome」や米Mozilla Foundationsの「Mozilla Firefox」など別のブラウザに切り替える必要はあるのだろうか。

 実は、ブラウザの切り替えには、もっともな理由が幾つかある。

ユーザーに選択権を

ITmedia マーケティング新着記事

news074.jpg

SDGsの取り組みが認知されると、生活者の7割が行動を起こす――電通PR調査
SDGsの認知率は約4割。前年比15.6ポイント増と大きく伸長しています。今企業が取るべきア...

news162.jpg

「中古品の購入・使用への抵抗感」が増加 コロナ禍の影響か――メルカリ調査
メルカリによる定点調査。利用者が増え続けるフリマアプリですが、コロナ禍の消費者心理...

news144.jpg

「BOTANIST」を生んだI-neが上場 強いブランドの秘密とは?(無料eBook)
「BOTANIST」運営のI-neが東京証券取引所マザーズに上場。テクノロジーとマーケティング...