2016年10月07日 07時00分 UPDATE
特集/連載

「Android 7.0 Nougat」の3大セキュリティ機能「Android 7.0」の“こっそり更新機能”で危ないスマホがなくなる?

セキュリティ機能が強化された「Android 7.0 Nougat」。Androidのセキュリティ対策に悩むIT管理者にとって、この強化は福音となるのだろうか。主要なセキュリティ機能を見ていく。

[Jack Wallen,TechTarget]
写真 セキュリティを強化したAndroid 7.0 Nougat(画面はGoogleの製品紹介サイト)《クリックで拡大》

 IT部門にとって、新しいOSのリリースは困難を伴う。新OSの導入でエンドユーザーに生じ得る、さまざまなセキュリティ問題に備えなければならないからだ。Googleが2016年8月から配信を始めた「Android 7.0 Nougat」は、そうした問題を生じさせないための工夫を凝らす。IT管理者に役立つ、Android 7.0 Nougatで強化された3種のセキュリティ機能を見ていこう。

「Stagefright」の封じ込め

 Androidのメディア再生エンジン「Stagefright」の脆弱(ぜいじゃく)性は、Androidに入った大きなひび割れのようなものだ。「Android 1.0」にまでさかのぼる全てのAndroidと、その搭載デバイスに影響を及ぼしてきた。セキュリティ企業のZimperiumが2015年にこの脆弱性を発見して以来、Googleは複数のパッチでこの脆弱性を食い止めようとしてきた。

 今回のAndroid 7.0 Nougatで、Androidのメディアフレームワークが完全に刷新されたおかげで、この危険な脆弱性は終結し、攻撃はいくらか難しくなった。少なくとも当面の間は。

シームレスな更新

 Googleの「Chrome OS」を搭載したノート型デバイス「Chromebook」のエンドユーザーにとって再起動の際、更新がダウンロードされたことを示す上向きの矢印マークは見慣れた存在だ。Android 7.0 Nougatでは、これと同じ更新の仕組みを採用した。エンドユーザーはOSの更新を怠りがちなので、この変更は重要だ。

 更新が適用されない事態は、IT担当者の不安をかき立てる。更新には適用すべき理由がある。深刻な脆弱性が修正されることもあれば、重大な新機能が加わることもある。エンドユーザーが更新をチェックしなければ、こうした機能改善の恩恵を受けることができない。

 Android 7.0 Nougatでは、エンドユーザーが何も操作しなくても、バックグラウンドで更新をダウンロードしてインストールする。エンドユーザーがデバイスを再起動するとすぐ、更新版が自動的に起動して、エンドユーザーは何かが起きたことにさえ気付かない。

 唯一注意すべき点として、もしエンドユーザーが長期間にわたってデバイスを再起動しなければ、IT部門は対処する必要が生じるかもしれない。

 新しいシームレスな更新は、Android本体にのみ適用される。アプリケーションは依然として、エンドユーザーが定期的に更新する必要がある。

データとアプリの暗号化によるセキュリティ強化

 Android 7.0 Nougatには新しい起動の仕組みも加わった。これはエンドユーザーがロック解除のためのパスコードやパターンを入力する前のデバイスに影響する。Androidを起動すると「ダイレクトブート」という新しいモードに入り、重要なデータを2種類に分割して保護する。

  • 端末暗号化ストレージ(DES):ダイレクトブートモードの間やエンドユーザーがロックを解除した後の両方で利用できる保存場所
  • 認証情報暗号化ストレージ(CES):エンドユーザーがロックを解除した後にのみ利用できる、デフォルトの保存場所

 ほとんどのアプリケーションはCESに分類される。DESに分類されるためには、開発者が以下の特定のコンポーネントを登録する必要がある。

  • 通知がスケジュールされたアプリケーション(アラーム/時計など)
  • エンドユーザーにとって重要な通知を提供するアプリケーション(ショートメッセージサービスなど)
  • アクセシビリティサービスを提供するアプリケーション(ユーザー補助機能「Talkback」など)

 従って開発者がDESにアプリケーションを登録しない限り、エンドユーザーがそのアプリケーションにアクセスできるのはCESの条件下で、かつロックがかっていないデバイスに限られる。

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news125.jpg

「Ameba」がMomentumのアドベリフィケーションツールと連携
サイバーエージェントは、Momentumが提供するアドベリフィケーションツール「BlackSwan」...

無料DMP「Juicer」がインティメート・マージャーと広告配信で連携
PLAN-Bは、同社が無料で提供するユーザー分析DMP「Juicer」において、インティメート・マ...

news109.jpg

特定の業種に向けて広告を配信、Geolocation Technologyが「業種バナージャック」を提供
Geolocation Technologyは、IPアドレスを解析しユーザー属性を特定することで指定した業...