2016年10月17日 15時00分 UPDATE
特集/連載

「Data Lake Analytics」「HDInsight」など「Microsoft Azure」、知っておくべき7つのビッグデータサービス

Microsoftは「Microsoft Azure」のビッグデータサービスポートフォリオを拡大している。ビッグデータで大躍進を遂げたいユーザー企業が知っておくべきAzureのサービスを説明する。

[Kathleen Casey,TechTarget]
Azure Data Lake AnalyticsのWebサイト(出典:日本マイクロソフト)《クリックで拡大》

 ビッグデータはその規模のみならず、需要も拡大している。社内処理でもソーシャルメディアでも、企業が取捨選択しなければならないデータの量は日々増え続けている。多くの企業は短時間でその全ての情報を高速処理できるサービスを必要としているが、そこで出番となるのがクラウドだ。

 Microsoftは自社のミッションをインテリジェントなクラウドプラットフォームの構築へと転換した。その結果、同社のクラウドサービス「Microsoft Azure」のビッグデータサービスは勢いを増している。Azureプラットフォームが提供するのは「情報管理」「ストレージ」「機械学習」「分析」「コグニティブサービス」などの機能だ。また「Azure Marketplace」から、ビッグデータや高度な分析ソリューションを提供するパートナー企業のアプリケーションを利用することもできる。

 Microsoft Azureのビッグデータサービスを使用する前に、同サービスを知るために以下の用語について確認しておきたい。

Azure Data Lake Analytics

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

現代人の30のメディアライフスタイルとは?――電通調査
電通はビデオリサーチと共同で、生活者のメディア視・聴・読習慣を可視化し、30のメディ...

news061.jpg

「Adobe Audience Manager Audience Marketplace」が国内で利用可能に
Adobe Systemsは、同社の顧客とデータプロバイダー間のデータ取引を行う機能「Adobe Audi...

news045.jpg

売れるネット広告社、「確認画面後でアップセル」で特許権を取得
売れるネット広告社は、「確認画面後でアップセル」についての特許権を取得したと発表した。