2016年11月02日 07時00分 UPDATE
特集/連載

もうWindowsだけではない「Office アドイン」がMac OS、iOSにも対応へ、MicrosoftがOS全方位外交に全力

「Microsoft Office」用のアドインが「Mac OS」「iOS」にも対応するようになった。Microsoftが「Windows」だけに依存した戦略からの脱却を試みる取り組みが一気に動き出している。

[Reda Chouffani,TechTarget]
Ignite 2016でデモを行ったiOSで動作するMicrosoft Office

 AppleのMac OSデバイスやiOSデバイス、GoogleのAndroidデバイスで「Microsoft Word」や「Microsoft Excel」のファイルを編集する場合、Microsoft Office用のアドインプログラム「Officeアドイン」を使えないことが多かった。

 だが、今後は変わりそうだ。これまではOfficeアドインにはOS要件があり、Windows環境以外でOfficeの高度な機能を利用できなかった。MicrosoftはそのOS要件を廃し、独立系ソフトウェアベンダーでもプラットフォームやデバイスの種類に関係なく、Microsoft Officeで動くアドインを開発できるようになった。Microsoftは、Mac OS、iOS、Androidに対応する新しい「Office 365」で使える機能とサポートも追加した。

 Microsoftはなぜ、Windows以外の環境で製品をサポートする取り組みを進めているのだろうか。

Windowsから巣立つOffice 365

ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

博報堂DYメディアパートナーズとDAC、業種特化型マーケティングソリューションの開発を開始
博報堂DYメディアパートナーズとDACは共同で、専門的な情報に特化したWebメディアと協業...

news033.jpg

広告運用の自動化 できることとできないこと
日本の広告運用の現場にも自動化がようやく浸透し始めています。とはいえ、全てが自動化...

news069.jpg

デジタル広告の効果測定、7割の広告主が「Cookieだけでは足りない」――サイカ調査
クッキーだけでは足りないといっても、子どものおやつへの不満ではありません。もっとず...