2016年11月09日 15時00分 UPDATE
特集/連載

Webサイト証明書の安全性検証に新対策「Google Chrome」でCertificate Transparency準拠が必須に、何が変わる?

GoogleのWebブラウザ「Google Chrome」では、公的に信頼されるWebサイト証明書の安全性検証にCertificate Transparency(証明書の透明性)への準拠が必須となる。

[Peter Loshin,TechTarget]

 GoogleのWebブラウザ「Google Chrome」では、2017年10月以降発行のWebサイト証明書について、Google ChromeのCertificate Transparencyポリシーに準拠している場合のみ信頼できるものと見なすことになる。

 Google Chromeチームは、CA/Browserフォーラムの第39回ミーティングでこの決定を発表した。詳細は、Googleのソフトウェアエンジニア、ライアン・スリービ氏がCertificate Transparencyポリシーのメーリングリスト宛に送信したメールで公開された。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

インテージ、「INTAGE connect」経由でモバイル空間統計データの提供を開始
インテージは、同社の「INTAGE connect」を通して、ドコモ・インサイトマーケティングが...

news138.jpg

MAppsと野武士、オプトが共同で行動データ連携リサーチおよび改善サービスの試験提供を開始
マーケティングアプリケーションズと野武士、オプトは、Webサービスとスマートフォンアプ...

news093.jpg

ソネット・メディア・ネットワークスが「Logicad Video Ads」の提供を開始
ソネット・メディア・ネットワークスは、2017年1月17日、「Logicad Video Ads」の提供を...