2016年11月09日 15時00分 UPDATE
特集/連載

Webサイト証明書の安全性検証に新対策「Google Chrome」でCertificate Transparency準拠が必須に、何が変わる?

GoogleのWebブラウザ「Google Chrome」では、公的に信頼されるWebサイト証明書の安全性検証にCertificate Transparency(証明書の透明性)への準拠が必須となる。

[Peter Loshin,TechTarget]

 GoogleのWebブラウザ「Google Chrome」では、2017年10月以降発行のWebサイト証明書について、Google ChromeのCertificate Transparencyポリシーに準拠している場合のみ信頼できるものと見なすことになる。

 Google Chromeチームは、CA/Browserフォーラムの第39回ミーティングでこの決定を発表した。詳細は、Googleのソフトウェアエンジニア、ライアン・スリービ氏がCertificate Transparencyポリシーのメーリングリスト宛に送信したメールで公開された。

ITmedia マーケティング新着記事

news007.jpg

電通デジタル、日本企業のデジタルトランスフォーメーション&デジタルマーケティングに関する調査を実施
電通デジタルが実施した「デジタルトランスフォーメーションとデジタルマーケティングの...

news048.jpg

Facebook活用で地方創生、神戸市の取り組みで見えた成果と課題とは?
フェイスブック ジャパンと神戸市が2018年7月に提携した「地域経済・地域コミュニティ活...

news035.jpg

スパイスボックスがAIを活用したフォロワー獲得サービス、ブランドと親和性の高いユーザーに「いいね!返し」
スパイスボックスは、AIスタートアップ企業AIQが蓄積するInstagram約700万アカウントのプ...