2016年11月16日 15時15分 UPDATE
特集/連載

クラウドやコラボレーションの役割に変化かユーザーが注目、Microsoftに買収されたLinkedInの次のアクションは?

MicrosoftのLinkedIn買収で、どのようなクラウドアプローチが登場することになるのか。それはマイクロサービスに近いモデルで、従業員のニーズに合わせてもっとパーソナライズしたものになるだろう。

[Tom Nolle,TechTarget]
Microsoftが262億ドルで買収した「LinkedIn」《クリックで拡大》

 従来のITアプリケーションは、特定の作業を目的とするか、個々の従業員を対象とするものだった。「LinkedIn」がサポートするようなソーシャルメディアコラボレーションは違う。このモデルでは、従業員が1つの共通フレームワークの中でアプリケーションや他の従業員と共同作業を行う。では、こうしたモデルにおいてクラウドはどのような役割を果たすことになるのか。

 その答えは、2016年中に完了する見通しのMicrosoftのLinkedIn買収でより明確になるだろう。

新しいITアプリケーション観

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news059.jpg

売れるネット広告社、テレビCMや新聞広告でもA/Bテストを可能とするサービスを無料で提供
売れるネット広告社は、テレビCMや新聞広告の広告クリエイティブにおいてネット広告同様...

news049.jpg

「LINE」「Twitter」「Facebook」「Instagram」 企業アカウントがフォローされるのは?――アイレップ調査
ソーシャルメディアは、生活者の消費行動にどの程度影響力を持っているのでしょうか。

news017.jpg

「バズる」から「課題解決」へ、オンライン動画2018年の傾向
宣伝会議はオンライン動画コンテスト「BOVA」の第5回贈賞式を開催した。一般公募部門では...