2016年06月28日 12時00分 公開
特集/連載

MicrosoftのLinkedIn買収は総じて歓迎ムード、でもユーザーの思いは微妙?エンタープライズソーシャルネットワークの変革(1/2 ページ)

MicrosoftのLinkedIn買収で見えてくるのは、将来のハイパーソーシャルなビジネス環境だ。それは従業員にとって朗報なのだろうか?

[Brian Holak,TechTarget]
LinkedIn 世界のIT業界の話題をさらった巨額買収。写真は左から米LinkedIn CEO ジェフ・ウェイナー氏、米Microsoft CEO サティア・ナデラ氏、LinkedIn共同創業者のリード・ホフマン氏(出典:Microsoft)《クリックで拡大》

 「LinkedInでつながってください。よろしくお願いいたします。」

 この見慣れたつながり申請メッセージは、今回のニュースによって全く新しい意味を持とうとしている。

 Microsoftが現金262億ドルもの巨額でLinkedInの買収を決めたことにより、エンタープライズソーシャルネットワークは、どこの職場であろうと仕事の中に組み込まれていくことになりそうだ。

MIcrosoft Officeは「ソーシャル」の力でより進化する

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news175.jpg

ネトフリ「広告付きプラン」は誰得? 業界関係者の反応は……
広告モデルへの一部移行がうわさされるNetflix。新たなプランが増えることで視聴者と広告...

news034.jpg

変革ビジョンはなぜ形骸化してしまうのか?――調査が明かした経営層と現場の社員のギャップ
掛け声ばかり勇ましくて実際の取組みは遅々として進まない――。DXに関して同じ悩みを抱...

news037.jpg

「マーケティングDX人材」を定義する
2022年、日本企業はDXのあるべき姿を実現するために、自社のマーケティングを大きく進化...