2016年06月28日 12時00分 公開
特集/連載

MicrosoftのLinkedIn買収は総じて歓迎ムード、でもユーザーの思いは微妙?エンタープライズソーシャルネットワークの変革(1/2 ページ)

MicrosoftのLinkedIn買収で見えてくるのは、将来のハイパーソーシャルなビジネス環境だ。それは従業員にとって朗報なのだろうか?

[Brian Holak,TechTarget]
LinkedIn 世界のIT業界の話題をさらった巨額買収。写真は左から米LinkedIn CEO ジェフ・ウェイナー氏、米Microsoft CEO サティア・ナデラ氏、LinkedIn共同創業者のリード・ホフマン氏(出典:Microsoft)《クリックで拡大》

 「LinkedInでつながってください。よろしくお願いいたします。」

 この見慣れたつながり申請メッセージは、今回のニュースによって全く新しい意味を持とうとしている。

 Microsoftが現金262億ドルもの巨額でLinkedInの買収を決めたことにより、エンタープライズソーシャルネットワークは、どこの職場であろうと仕事の中に組み込まれていくことになりそうだ。

MIcrosoft Officeは「ソーシャル」の力でより進化する

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news153.jpg

「広告をきっかけにアプリをダウンロード」 回答者の46%――Criteo調査
コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポート。日本のモバイルアプリユーザーはコン...

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...