2016年12月12日 15時00分 UPDATE
特集/連載

次世代モバイル通信の構成要素は?5Gの中心はIoT通信、「標準」をどう作るか (1/2)

第5世代移動通信(5G)に求められるのは高速性と高信頼性、機械間通信の3つだ。「セルラーIoT(C-IoT)」はこれら全てのシナリオで使用されるだろう。そして、その接続の大半は機械間通信になるはずだ。

[Vicki Livingston,TechTarget]
図1.5Gの使用シナリオ(出典:ITU-R IMT-2020)《クリックで拡大》

 第5世代移動通信(5G)の使用シナリオは3つあるというのが、ITU(国際電気通信連合)共通の見解だ。そのシナリオとは「高度モバイルブロードバンド」「非常に信頼性が高く遅延時間の短い通信」「大量機械型通信」の3つだ。恐らく「セルラーIoT(C-IoT)」はこれら全てのシナリオで使用され、その接続の大半が大量機械型通信に分類される。

 大量機械型通信のユースケースの特徴として挙げられるのが「遅延の影響を受けない比較的少量のデータを転送することを主とし、非常に大量使用される接続型デバイス」である。こうしたデバイスに求められるのは、価格の安さと5年以上にも及ぶ非常に長いバッテリー持続時間だ。

 今後は、現在予測されていない新しいユースケースが誕生していくことになるだろう。これからのIMT(International Mobile Telecommunication)開発では、多岐にわたる要件が課せられる新しいユースケースに適応することが必要になってくる。

 ITUは、最新の5G研究と開発活動を、モバイルブロードバンド通信の国際標準「IMT-2020」に盛り込むため、政府、ネットワーク事業者、機器メーカー、国や地域の標準化機関と密に連携し続けている。

 こうしたユースケースのニーズは非常に幅広い。だが、1つ共通しているのは「標準化が必要」ということだ。C-IoTの標準化を推進しているのが、特にRelease 13〜15に重点を置いて機械型通信の標準確立に取り組み続けている3GPP(3rd Generation Partnership Project)だ。3GPPはIMT-2020において重要な役割を果たしており、IMT-2020に向けてこれらの新しい5Gテクノロジーソリューションを開発するためのプログラムを、2015年初めから進めている(2015年9月に最初の会合である「RAN 5G Workshop」を開催した)。

 3GPPによる5G標準化への取り組みはLTEからLTE-Advanced Proまでを基盤としており、LTE-Advanced Proの標準化は5G標準の開発と並行して行われている。

画像 図2.3GPPによる初期の5Gのタイムライン《クリックで拡大》

 C-IoTとNB-IoT(ナローバンドIoT)は、3GPPがRelease 13で採用したいわゆる「まっさらな」アプローチだ。急伸を遂げるIoTサービス市場で接続を提供するという点で、LPWA(Low Power Wide Area)分野と競合する。C-IoTに関する技術レポート「45.820」の要件は以下の通りだ。

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news126.jpg

The Trade DeskとWhite Opsが提携、アドフラウド対策のプラットフォームを提供開始
The Trade DeskはWhite Opsと提携を発表し、広告業界におけるアドフラウド対策のプラット...

news116.jpg

セブン&アイ・ホールディングス社長 井阪隆一氏らが語る「顧客の時代」
本稿では「Salesforce World Tour Tokyo 2017」から セブン&アイ・ホールディングス 代...

news091.jpg

グランドデザインの「Gotcha!mall」がDMA国際エコー賞を受賞
グランドデザインは、同社のスマートフォンオムニチャネルプラットフォーム「Gotcha!mall...