2016年12月22日 09時00分 UPDATE
特集/連載

体験版で知るWindows Server 2016操作テク【第1回】Windows Server 2016の導入前に検討したい「エディション」を把握する (1/2)

新世代サーバOS「Windows Server 2016」が登場した。移行を検討しているIT担当者にとって新機能やその“使い方”の学習はひと苦労だろう。この連載がその苦労を軽くするはず。

[塩田紳二,著]

この連載は

新世代Windows Serverとして2016年9 月に正式登場した「Windows Server 2016」。フリーで導入できる体験版を使って、新しいセキュリティ機能やコンテナ関連機能の設定などの “操作テクニック”を紹介する。執筆はIT関連媒体で長らくWindows Serverの解説連載を手掛けてきた塩田紳二氏だ


 Microsoftが2016年9月から提供する「Windows Server 2016」には、全部で7つのエディションが用意されている。基本的には、前バージョンとなるWindows Server 2012R2のエディションを継承したラインアップになっている。

 企業が直接購入できる一般的なエディションとしては「Datacenter」「Standard」「Essentials」の3種類を用意している。その一方で、Windows Server 2012R2 EssentialエディションのOEM(相手先ブランドによる生産)版(サーバマシン同梱版ともいえる)「Foundation」エディションがなくなった。また、新たに教育機関向けのエディションが登場した。なお、これまで無償で提供していた「Hyper-V Server」エディションも、Windows Server 2016ベースになったものが登場している。

 これまでの継承エディションであれ、新規に登場したエディションであれ、さらに、なくなってしまったエディションであれ、MicrosoftがWindows Server 2016で用意しているラインアップとそれぞれが備える機能を把握することは、企業がサーバ整備計画を立案する上で欠かせない。そこで、まずはWindows Server 2016で登場する各エディションの概要を確認しておこう。

       1|2 次のページへ
この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news087.jpg

凸版印刷、専門チームによるデジタルマーケティング運用支援サービスを本格提供
凸版印刷は、専門チームがデジタルマーケティングを支援する「デジタルマーケティング一...

news079.jpg

バーチャルコマースを実現する「EC-Orange」、共同印刷など3社が開発
エスキュービズムは、タッグ、共同印刷とともに、VRを活用したバーチャルコマースを実現...

news117.png

Oath Japan、Yahoo!アドエクスチェンジとの接続を開始
Oath Japanは、同社の広告配信プラットフォームとヤフーの広告取引プラットフォーム「Yah...