2017年02月20日 08時00分 UPDATE
特集/連載

一時「Google Play」から入手可能にAndroidの“正規アプリ”4種にスパイウェア混入――業界蒼白の仕組みとは

「Google Play」で公開されていた4種のAndroidアプリにスパイウェアが混入されていたことが判明した。このスパイウェアはどのような仕組みなのか。なぜGoogle Playの審査を通過できたのか。

[Michael Cobb,TechTarget]
画像 Androidアプリで新たに見つかったスパイウェアとは

 大使館の情報や特定地域のニュースを提供する4種のAndroidアプリケーションに、海外旅行者などを狙ったスパイウェア「Overseer」が混入していたことが判明した。これらのアプリはGoogleの公式アプリストア「Google Play」から削除された。

 Overseerは、インストールされたデバイスから連絡先、メール、GPS(全地球測位システム)などのデータを収集していた。このスパイウェアはどのような仕組みで動作していたのか。これらのアプリは、どのようにしてGoogle Playに潜り込んだのか。

スパイウェア「Overseer」の仕組みとは

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news042.jpg

訪日外国人観光客が礼賛、おもてなし力が高い日本の都市トップ10――Airbnb調査
訪日外国人旅行者の目的が体験型消費に移行しつつあるといわれる中、どのような都市が高...

news033.jpg

Facebook日本進出から10年、個人情報不正利用問題が広告事業に与える影響は?
Facebook日本進出10周年に当たり、フェイスブックジャパンは記者向けの説明会を開催。気...

news114.jpg

LINE、QRコード読み込みで即時抽選ができる店頭販促支援サービス「LINEインスタントウィン」を提供
LINEは、「LINE」を活用した店頭販促ソリューション「LINE SP Solutions」の新メニューと...