2017年05月17日 08時00分 UPDATE
特集/連載

標準OSになってこそ得られるメリットWindows 7を忘れられない人でも「Windows 10」をしぶしぶ認めざるを得ないのはなぜか

「Windows 7」の寿命が迫り、「Windows 10」への移行が秒読みに入った。デバイス管理や生体認証など、Windows 10の新機能を利用しない手はない。

[Jo Harder,TechTarget]
画像 Windows 7からWindows 10へ移行することで得られるメリットとは

 企業のIT部門ではよく「壊れていないものは(そしてまだサポート期間内のものは)直すな」といわれる。だがWindowsに限っては、そんなことを言って豊富なメリットを利用しないでいては、もったいない。

 「Windows 10」が本当の実力を発揮するのは、企業内の標準OSになってこそだ。個人利用においては、おおむね好意的な評価を受けているものの、企業では今も多くのデバイスが「Windows 7」を使っている。Windows 10には管理機能や制御機能の強化、ユーザーエクスペリエンスや安定性の向上など数々のメリットがある。

管理機能の強化とサポートの必要性の軽減

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news011.jpg

今どきシニア、半数が帰省してくる子や孫の交通費を負担――あおぞら銀行調べ
あおぞら銀行は、55〜74歳の男女約2000人を対象に「シニアのリアル調査」を実施し、結果...

news040.jpg

AIが業務要件に合わせてテキスト解析、データセクションがサービス提供
データセクションは、顧客の抱える課題や要望に合わせてカスタマイズ可能なAIテキスト解...

news015.jpg

バーチャルYouTuberが半年で4000人以上に――ユーザーローカル調べ
ユーザーローカルはCyberVと協力し、バーチャルYouTuberの市場成長ついて分析しました。