2017年07月06日 05時00分 UPDATE
特集/連載

両社が提携を強化AppleとCiscoの製品を使っていればセキュリティ保険が安くなる?

Ciscoは、Ericssonとの協業の取り組みが足踏みをしている。最近任命されたEricssonのCEOが経営再建に追われているからだ。その一方で、CiscoとAppleは提携を深めようとしている。

[Antone Gonsalves,TechTarget]

関連キーワード

Cisco Systems | iPad | Apple | iPhone | iOS


iOSデバイスの活用範囲は広がっている《クリックで拡大》

 Cisco Systemsは2017年6月、顧客のIT担当者に教育や研修の機会を提供する年次カンファレンスCisco Liveを開催した。CEOのチャック・ロビンス氏が行った開幕基調講演の中でAppleのCEO ティム・クック氏も登壇。両CEOはCiscoとAppleの提携の成果をアピールし、今後、セキュリティとWi-Fiパフォーマンスに関する共同作業に取り組むことを示唆した。

 CiscoとAppleの提携は順調に進んでいるが、Ciscoとスウェーデンの通信機器メーカー、Ericssonとの提携は停滞を余儀なくされている。ロビンス氏は2年前、Ericssonとの提携が2018年までに、Ciscoの年間売上高を少なくとも10億ドル押し上げるようになると見込んでいた。だが、ロビンス氏はCisco Liveの際に、Ciscoとしては一歩引いて、パートナーに余力が生まれるのを待たざるを得ないと認めた。

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

インターネットが好き過ぎる人々の夏
テクノロジーは日進月歩。技術に合わせて私たちのITリテラシーは進化しているのか。ネッ...

news061.jpg

ABM実現のためのデータマネジメントサービスでサンブリッジがリアライズと提携
サンブリッジとNTTデータグループのリアライズは、アカウントベースドマーケティングの実...

news018.jpg

「ラストクリック依存」はなぜ失敗するのか?
CPA(顧客獲得単価)の最適化という目標は達成できているのに肝心の収益には貢献していな...