2017年07月06日 05時00分 UPDATE
特集/連載

両社が提携を強化AppleとCiscoの製品を使っていればセキュリティ保険が安くなる?

Ciscoは、Ericssonとの協業の取り組みが足踏みをしている。最近任命されたEricssonのCEOが経営再建に追われているからだ。その一方で、CiscoとAppleは提携を深めようとしている。

[Antone Gonsalves,TechTarget]

関連キーワード

Cisco Systems | iPad | Apple | iPhone | iOS


iOSデバイスの活用範囲は広がっている《クリックで拡大》

 Cisco Systemsは2017年6月、顧客のIT担当者に教育や研修の機会を提供する年次カンファレンスCisco Liveを開催した。CEOのチャック・ロビンス氏が行った開幕基調講演の中でAppleのCEO ティム・クック氏も登壇。両CEOはCiscoとAppleの提携の成果をアピールし、今後、セキュリティとWi-Fiパフォーマンスに関する共同作業に取り組むことを示唆した。

 CiscoとAppleの提携は順調に進んでいるが、Ciscoとスウェーデンの通信機器メーカー、Ericssonとの提携は停滞を余儀なくされている。ロビンス氏は2年前、Ericssonとの提携が2018年までに、Ciscoの年間売上高を少なくとも10億ドル押し上げるようになると見込んでいた。だが、ロビンス氏はCisco Liveの際に、Ciscoとしては一歩引いて、パートナーに余力が生まれるのを待たざるを得ないと認めた。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

インテージ、「INTAGE connect」経由でモバイル空間統計データの提供を開始
インテージは、同社の「INTAGE connect」を通して、ドコモ・インサイトマーケティングが...

news138.jpg

MAppsと野武士、オプトが共同で行動データ連携リサーチおよび改善サービスの試験提供を開始
マーケティングアプリケーションズと野武士、オプトは、Webサービスとスマートフォンアプ...

news093.jpg

ソネット・メディア・ネットワークスが「Logicad Video Ads」の提供を開始
ソネット・メディア・ネットワークスは、2017年1月17日、「Logicad Video Ads」の提供を...