2017年09月19日 05時00分 UPDATE
特集/連載

クラウド普及と共通する点も今まさにビジネスを変えている「VR/AR」、すぐに手を付けるべきは? (1/2)

IoT(モノのインターネット)以降の世界をVR/ARがさらに変える準備は整った。ただし、VR/ARを企業や組織に普及させるためには、幾つかの準備が必要だ。

[Paul Korzeniowski,TechTarget]

画像 教育やビジネスなど、幅広い場面で期待を担う。

 調査会社IDCによれば、VR(Virtual Reality、仮想現実)およびAR(Augmented Reality、拡張現実)市場の収益は、2016年時点で52億ドルだったが、2020年には1620億ドルを超える規模へ成長を見込まれている。IoTと同様、強い変革力を持つVR/AR技術は、ビジネスを劇的に変える可能性をはらむ。

 同技術には課題も残る。うち1つは、「何をもってVR/ARを定義するか」という議論に欠かせない、VR/ARの作り出す経験「現実(Reality)」の定義が曖昧である点だ。VR/ARは、コンピュータを使って生成した画像や音声データで、ユーザーが体験する世界を一から構築することもあれば、別の“現実”を補足することもできる。こうした点は、テレビのように、あらかじめ完成した映像を視聴する受動的な体験とVR/ARとの間に一線を引く。VR/ARが映し出す世界は、ユーザーのインプットによりいくらでも変化するためだ。企業は、業務の合理化や販売機会の拡大、サービスの改善などの目的に、VR/AR技術とIoTデバイスを組み合わせて活用できる可能性もある。

犯罪捜査から商品販売まで活躍するVR/ARアプリ

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...