「拡張現実」と「IoT」さえあれば専門知識はもういらないのか?作業員をすぐさま“熟練工”に変える(1/2 ページ)

インターネットに接続するデバイスから得たデータと、拡張現実(AR)を使った可視化技術の組み合わせによって、工場などで働く現場作業員の働き方が変わる可能性がある。

2017年01月10日 08時00分 公開
[Beth StackpoleTechTarget]
画像 ARとIoTの組み合わせで生まれる可能性とは

 モノのインターネット(IoT)が2016年の大ヒットだとすれば、拡張現実(AR)がその座を間もなく奪う可能性がある。ARは、インターネット接続型のデバイス(IoTデバイス)で何が起きているかを容易に確認できるようにする技術だからだ。

 米バージニア州ウィリアムズバーグに本拠地を置くカスタムARサービスベンダーのIndex AR Solutionsで最高執行責任者(COO)を務めるデクスター・リリー氏によれば、IoTとARは間違いなく夢の組み合わせだという。「IoTは集めたデータを情報に変えるだけだが、その情報を利用者にとって扱いやすい形で提供するのがARだ」と同氏は説明する。

ARがIoTデバイスのデータを可視化

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。