2017年11月05日 05時00分 公開
特集/連載

タブレットをノートPC化iPad、Surface向けキーボード 純正とサードパーティーで選ばれるのは?

キーボードを使えばタブレットはノートPCと同様の使い方が可能になる。iPadやSurface Pro向けには純正製品以外に多くのキーボードが販売されている。注目製品を紹介しよう。

[Ed Hardy,TechTarget]

 タブレットは用途の広さから普及が進んでいる。タブレットはそれ自体機能的なデバイスだ。だが、外付けキーボードを取り付ければ、iPadもWindowsタブレットも、便利なノートPCに早変わりをする。

 だが、外付けキーボードは何でもよいというわけではない。本稿では、多くのテスト結果を基に、ベストキーボードとは何かを考える。

iPad向けキーボード

Appleの12.9インチiPad Pro用Smart Keyboard《クリックで拡大、以下同じ》

 Appleの「iPad Pro」は、ノートPCとしてもタブレットとしても使える2-in-1デバイスに位置付けられる。そのため、Appleはモデルごとに専用の「Smart Keyboard」を用意している。用意しているのは、「12.9インチiPad Pro用Smart Keyboard」(国内価格1万8800円《税別、以下同じ》)、「10.5インチiPad Pro用Smart Keyboard」(1万7800円)、「9.7インチiPad Pro用Smart Keyboard」(1万5800円)の3種類だ。いずれも薄型軽量で、キーボード専用コネクターからiPad Proシリーズに接続する。着脱が簡単で、キーボードを隠した状態の単なるキックスタンドにもなる。ただ、表面を繊維質で覆ったデザインを好まない人もいる。

 他にも「Logicool Slim Combo with detachable keyboard for 10.5インチiPad Pro」(1万5800円)と「Logicool Slim Combo with detachable keyboard for 12.9インチiPad Pro」(1万6800円)がある。こちらにはタブレット本体の保護カバーの役割もあるため、Smart Keyboardよりも厚みも、耐久性もある。キーボード自体の着脱は簡単で、キーボードコネクターを介してiPadと通信する。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news101.jpg

ソフトバンク・テクノロジー、チャットbotでWebサイトの分析や課題発見をサポートする「SIGNAL AI」を提供
ソフトバンク・テクノロジーは、Webサイト分析やアドバイスを行いながらデータ活用人材を...

news065.png

パイプドビッツなど3社、製薬企業向けマーケティングオートメーションパッケージ「BtoD」が提供開始
パイプドビッツは、メディコムとトライベック・ストラテジーの2社と共同で、製薬企業向け...

news108.jpg

EC・通販の広告クリエイティブは「製品・サービスを手に取ってもらう」ことに割り切る
豊富な実務知見に基づき、EC・通販で成功する方法について解き明かしていく本シリーズ。...