2017年11月27日 05時00分 公開
特集/連載

APIでは解決できない、レガシーシステム連携次世代標準仕様「FHIR」は、システム連携がままならない医療ITを救うか?

医療業界にはレガシーシステムが多く存在し、API活用を阻む障害となっている。この事情から、医療情報の相互運用性を目指した次世代の標準仕様FHIRへの関心が高まっている。

[Evan Albright,TechTarget]
FHIR FHIRについて紹介するHL7のWebサイト《クリックで拡大》

 米国規制当局は、電子医療記録(EHR)システムと他のソースの患者データとの相互運用性を高めるよう医療機関に働きかけている。そのため、レガシーシステムを利用する病院は、新しいプログラミング手法を模索している。

 国家医療IT調整室(ONC)を率いる医学博士ドナルド・ラッカー氏は、現代の医療ITの相互運用性を高める手段は医療APIだと指摘する。ONCは相互運用性を高めるために、EHRからのデータの流れや、患者監視システムにデータが戻るワークフローなどに取り組んでいる。

 一般に、API(Application Programming Interface)とは、ソフトウェアアプリケーションが相互に通信できるようにするコードのことだ。医療機関には、特にオープンAPIが適していると考えられる。オープンAPIならインターネットに公開され、多くの開発者が共有している。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news075.jpg

KPIの到達可能性をAIが判断して広告配信を自動最適化、マイクロアドが「UNIVERSE FFM Version1.0」を提供
マイクロアドは、「UNIVERSE フルファネルマネジメント Version1.0」を提供開始した。

news061.jpg

マーケティングオートメーション×LPO トライベック・ストラテジーとデータアーティストがツール連携
トライベック・ストラテジーとデータアーティストは、それぞれが提供するツールの連携を...

news053.jpg

電通デジタルとビービット、マーケティングオートメーションのシナリオをPDCAで支援する独自メソッド提供
電通デジタルはビービットと共同で、デジタル行動観察ツール「ユーザグラム」を活用し、...