2018年01月29日 05時00分 公開
特集/連載

重要度は「国防」レベルSTEM(科学、技術、工学、数学)スキル人材が米国国防総省にやって来ない理由

米国国防総省は同省の防衛部門のイノベーション能力を向上させるために「STEM」スキル人材を求めているという。同省が期待する「STEMスキル」人材はどう集めればいいのか。

[Patrick Thibodeau,TechTarget]

関連キーワード

社員教育 | 経営 | 人事


画像 イノベーションを実現する人材はどう集める?どう教育する?

 米国国防総省(DoD)はSTEM人材の育成能力を向上させたいと考えている。STEM人材とは、科学(Science)、技術(Technology)、工学(Engineering)、数学(Mathematics)のスキルを有する人材を指す。DoDは国防能力に直接結び付く人材管理の問題に直面しているのだ。

 DoDは、同省の防衛部門のイノベーション能力が不足していると不満の声を上げている。同省はこうした不満を解消するため、人材管理システムの改革に目を向ける可能性がある。

方針変更の要請

 2017年10月25日、Googleの会長エリック・シュミット氏が委員長を務める民間諮問会議「Defense Innovation Board」が開催された。その席上、空軍大将スティーブン・ウィルソン副参謀総長は次のように話した。「DoDはあまりにも複雑で官僚主義であり、規制が厳しく、リスクを嫌い過ぎる」と語った。

 この発言について、同氏は技術的な観点で次のように解説している。「当省が変わらなければ、米国は他国に簡単に追い付かれ、抜き去られてしまう状況にある。米国はかつて多くの技術を有しており、明らかに“ナンバーワン”だった。だが、現在はそれも疑わしい状況にあるといわざるを得ない」と同氏は語る。

 米国がナンバーワンではない、と疑われる技術は、人工知能、ナノテクノロジー、量子計算などがある。

 DoDが管理する人材は、現役と予備役が210万人、文官が約77万人に上る。つまり、国内最大の雇用主といえる。ちなみに、DoDに続くのは、全世界で230万人を雇用するウォルマートだ。

STEM人材の重要性を強調

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news118.jpg

AdRollが日本でも「ネイティブ広告」の販売を開始
AdRollは、米国にて提供中の「ネイティブ広告」のサービス提供を日本でも開始した。

news050.jpg

Twitter上でユーザーとのコミュニケーションを自動化、サイバーエージェントがサービス提供
サイバーエージェントは、Twitter上での企業とユーザーのコミュニケーションを自動化する...

news122.jpg

人工知能「Adobe Sensei」はCMSをどう変えるのか?
アドビ システムズが2018年4月に提供開始する「Adobe Experience Manager」最新版の特徴...