2018年02月09日 05時00分 公開
特集/連載

市場動向からUC連動のヘッドセットまで「ユニファイドコミュニケーション」2018年最新動向、成長はまだ続くのか

ビジネスの意思決定スピードを向上させるため、もしくは従業員同士のコラボレーションを促進するためにユニファイドコミュニケーションは欠かせない。最新の市場動向を見てみよう。

[Luke O'Neill and David Harbeck,TechTarget]
画像 好調なUC市場、この先はどうなる?

 ユニファイドコミュニケーション分野の最新ニュースは3つある。順に紹介しよう。

見通しが好調なUC、UCC市場

 ユニファイドコミュニケーション(UC)およびコラボレーション(UCC)のグローバル市場は、クラウド技術、テレフォニー(電話通信)基盤およびモバイルデバイスによってけん引され、今後数年間で大幅に成長するとみられる。

 調査会社Global Market Insightsの報告書によると、UCC市場は2017年から2024年にかけて毎年9%以上の成長が見込まれる。2016年には、UCC市場規模は270億ドル以上と推定されていたが、2024年までには、570億ドルを超えるという予想だ。

 クラウドをベースにしたUCC市場は、さまざまな事業分野にわたり2017年から2024年にかけて好調な伸びを見せるだろう。特に、オンプレミスとクラウドサービスを融合させるハイブリッド型のUCC基盤は、企業への導入が拡大するはずだ。

 報告書では、企業がリアルタイム通信を実現するためにテレフォニー基盤を大規模導入するとして、UCC市場のシェアを2024年までに25%以上拡大すると予想する。IP電話は、アナログ電話にはない付加価値を提供し、従来の電話サービスよりもコストが低いため、既存の電話市場よりも大きなシェアを占める、と述べている。

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

ミレニアル世代の85%が動画視聴後に購入の意思決定――Brightcove調査
動画コンテンツは購入の意思決定にどう影響しているのでしょうか。

news082.jpg

統計家・西内 啓氏が語る「エビデンス」の力
統計学ブームに火を付けた西内 啓氏が、「エビデンス」に基づく意思決定の重要性について...

news042.jpg

電通テックとトライベック・ストラテジー、「クイックデジマ」を共同で販売開始
デジタルマーケティング施策を実施する上で必要最低限の機能をパッケージ化し、低価格で...