2018年04月08日 05時00分 公開
特集/連載

複雑さにめげない直前に迫るWindows 10移行、検討すべき4つの要素は (1/2)

企業PCのWindows 10への移行に当たり、IT部門が検討する要素はたくさんある。本項ではその中でも4つの要素に絞って説明する。

[Eddie Lockhart,TechTarget]
Windows 10 Windows 10への移行は意外と複雑《クリックで拡大》

 ルイス・クラーク探検隊は、ルイジアナ買収で加えた新しい領土を調査するために米国を横断する際、サカガウィアという先住民女性の助けを必要とした。同様に、Windows 10への移行に備えるIT部門には何らかのガイダンスが必要になる。

 IT部門が検討する要素はたくさんある。恐らく、Windows 7やWindows 8、またはそれ以前のバージョンのOSから移行することになるだろう。そして、インプレースアップグレードかクリーンインストールのどちらを実行するかを決めなければならない。

 どちらにしても移行は複雑になる。そのため、間違った方向に進まないよう学ぶ必要がある。確実に目的地にたどり着くには、正しいガイドの助けがいる。そこで、移行に備えて最初に検討しておきたい4つの要素を紹介する。

Windows 10への移行はベースとなるバージョンによって異なるのか

 Windows 10への移行は、移行前にユーザーが使用しているWindowsのバージョンによってプロセスが変わる。

 Windows 7またはWindows 8を利用している場合、移行前に使用中のOSのユーザー登録を済ませ、最新の更新プログラムを全て適用しておかなければならない。全てを最新状態にして、Microsoft「Windows Update」を有効にしておけば、Windows 10へのアップグレードの準備は整っている。

 Windows 10へ移行するデバイスには、OSを保持するために約3GBの空き容量が必要になる。インプレースアップグレードの場合、以前のバージョンのWindowsでユーザーが使用していたアーキテクチャとエディションがWindows 10に引き継がれる。例えば、64bitのWindows 7は64bitのWindows 10に移行され、Windows 7 Pro EditionはWindows 10 Pro Editionに移行される。現在と異なるエディションやアーキテクチャに移行する場合は、クリーンインストールを実行することになる。

 Windows XPからWindows 10への移行はもう少し複雑になる。MicrosoftはWindows XPからWindows 10へのインプレースアップグレードをサポートしていない。そのため、クリーンインストールしか実行できない。このOS移行を行う際、IT部門は必ずハードウェアとアプリの互換性を検証しておく必要がある。XPは古いOSなので、このプロセスが特に重要だ。アプリの中には、マイナーアップデートが必要になるものがある。また、ライセンスの問題やインストールメディアが存在しないためにWindows 10で機能しないものもある。

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

オプト、Amazon専門部署を設立
オプトは、企業のAmazonチャネルシフトを支援する専門部署「Amazon戦略部」を新設した。

news056.jpg

20代女性が田舎に魅力を感じる背景に「SNS映え」と「インフルエンサー」――マージェリック調べ
マージェリックが実施した田舎に関する意識調査によると「田舎に魅力を感じる」という回...

news042.jpg

楽天の人工知能「Rakuten AIris」がマーケティング効率化にすごく有効である理由
楽天が、長年の事業展開で蓄積してきたビッグデータ資産を活用するために開発したAIエー...