2018年08月04日 05時00分 公開
特集/連載

イメージ展開やローカル管理者権限の適用に困難が本格化するWindows 10移行、誰もがぶつかる4つの課題とは?

Windows10の移行に関する調査報告書が発表された。各企業の移行状況と、移行に伴う課題について紹介する。

[Ed Tittel,TechTarget]

 MicrosoftグループポリシーMVPのジェレミー・モスコウィッツ氏は、「Windows 10」への移行に関する興味深い調査報告書「The 2018 State of Windows 10 Migration Challenges Report」を公表した。

 この調査は米国企業を中心に、30カ国以上の500社を超える企業を対象に実施した。従業員数の内訳は、1〜500人が41%、501〜1000人が13%、1001〜5000人が24%、5001人以上が22%。業種の内訳は、最も多いのが教育で23%、次が政府関係で13%、金融が10%、製造が9%、プロフェッショナルサービスも同じく9%、テクノロジーが8%、医療が7%、非営利が6%、コンシューマーとエネルギー&公益事業がともに5%だった。この調査報告書を見ると、企業におけるWindows 10への移行に関する現在と今後の課題が浮かび上がってくる。

Windows 10への移行状況

 この調査では、Windows 10への移行状況を「計画中」「パイロットのみ」「移行中」「ほぼ完了」の4段階に分類している。企業規模別の移行状況は下のグラフのようになった。

ITmedia マーケティング新着記事

news007.jpg

電通デジタル、日本企業のデジタルトランスフォーメーション&デジタルマーケティングに関する調査を実施
電通デジタルが実施した「デジタルトランスフォーメーションとデジタルマーケティングの...

news048.jpg

Facebook活用で地方創生、神戸市の取り組みで見えた成果と課題とは?
フェイスブック ジャパンと神戸市が2018年7月に提携した「地域経済・地域コミュニティ活...

news035.jpg

スパイスボックスがAIを活用したフォロワー獲得サービス、ブランドと親和性の高いユーザーに「いいね!返し」
スパイスボックスは、AIスタートアップ企業AIQが蓄積するInstagram約700万アカウントのプ...