2018年08月16日 05時00分 公開
特集/連載

「IEEE 802.11ax」「IEEE 802.11ay」に備えて無線LANを快適に使うための「エッジスイッチ」5大選定ポイント

エッジスイッチのアップグレード時には、さまざまな項目を検討する必要がある。高速化や性能向上が進む無線LANの恩恵を十分に受けるために必要な、エッジスイッチの選定ポイントとは。

[Craig Mathias,TechTarget]

関連キーワード

無線LAN | Wi-Fi | ネットワークスイッチ


画像

 ネットワークを配管に例えるアナロジーは、誰にとってもなじみ深い。全ての建物に張り巡らされている配管は、目に見ることができない。ただし極めて重要だ。

 現在のネットワークの構成要素で、イーサネットスイッチ以上に、この関係にうまく当てはまる要素はない。至る所に存在しているが、ほとんどの人の目に触れることはない。

 スイッチは、さまざまな役割を果たす。その役割の中には、

  • プリンタやサーバ、無線LANアクセスポイント(AP)などのデバイスの相互接続
  • 必要に応じた電力供給
  • セキュリティとトラフィック制御メカニズムの実装

が含まれる。

 デバイスと直接接続する「エッジスイッチ」は、中核スイッチの「コアスイッチ」に接続し、コアスイッチはWANとつながったルーターに接続する。運用上、スイッチは非常に重要だ。ただし配管業者、つまりネットワーク運用の専門家を除き、ほとんどの人はスイッチを見ることがない。

 ネットワークの負荷増大や技術進歩(一般にポート当たりのスループットで表される)などにより、スイッチをアップグレードする必要性が出てくるとしよう。そうなるとネットワーク運用の専門家は、スイッチ、特にエッジスイッチに非常に関心を持つようになる。

エッジスイッチのアップグレードで決定すべき事項

 無線LANの通信速度の高速化や性能向上が進むにつれて、無線LANを下支えするために、エッジスイッチのアップグレードをすべき時期かどうかを見極める必要が生じる。実際の見極めには、多くの意思決定が求められる。その際に決定すべき事項として、これから述べる項目が含まれる。

  • ポートの数と仕様
  • 管理コンソールの互換性
  • PoE(Power over Ethernet:イーサネット経由での給電)規格
  • スループット(最大データ伝送速度)
  • ケーブルと配線

ポートの数と仕様

ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

博報堂DYメディアパートナーズとDAC、業種特化型マーケティングソリューションの開発を開始
博報堂DYメディアパートナーズとDACは共同で、専門的な情報に特化したWebメディアと協業...

news033.jpg

広告運用の自動化 できることとできないこと
日本の広告運用の現場にも自動化がようやく浸透し始めています。とはいえ、全てが自動化...

news069.jpg

デジタル広告の効果測定、7割の広告主が「Cookieだけでは足りない」――サイカ調査
クッキーだけでは足りないといっても、子どものおやつへの不満ではありません。もっとず...