2018年08月28日 05時00分 公開
特集/連載

セルフサービスによるプロセス自動化を実現IT部門の働き方改革、ワークロード自動化(WLA)ツールの主要製品とは

ここ数年で、ワークロード自動化(WLA)ツールには幾つか進歩が起きている。つまり、WLAツールには改善の余地があるということを意味する。

[Emily Mell,TechTarget]
画像 セルフサービスの自動化は生産性向上に効果がある?

 ワークロード自動化(WLA)は、日時だけでなく、イベントをトリガー(きっかけ)にして、レポートの実行や、ワークロード(ジョブ)のスケジュール設定が可能になった。

 この場合のイベントとは、レポート、パスワード変更、構成の更新といった項目に対するエンドユーザーからの要求だ。忙しい管理者がユーザーやヘルプデスクからメールを受け取れば、その返信に数分から数時間かかる可能性がある。また、最初の問い合わせに答える際に、管理者がその要求を別の部門の誰かに伝え忘れることもある。人間は誤りを犯すものだ。残念なことに、メールが完全に消えてしまうという事態も発生する。

 セルフサービスの自動化を導入すると、ボトルネックとなる人間がいなくなり、エンドユーザーは自動化を享受して、独自のワークフローを駆使できるようになる。そう話すのは、調査会社Gartnerアナリストのロバート・ナエグル氏だ。管理者はセルフサービスのポータルを設定して、経営者、一般職、経理担当者などのユーザーの役割ごとに、付与するアクセス権の数と性質を決定する。セルフサービス自動化によって、エンドユーザーは管理者の代わりにプロジェクトを開始できる。このように、潜在的ボトルネックとなっていた人間を取り除くことで、時間を節約し、管理者がより戦略的なタスクに専念できるようになる。

セルフサービス自動化で生産性を向上

 大手公共事業会社の管理者は、ソフトウェアベンダーCA Technologiesのセルフサービス製品「CA Workload Automation AE(AutoSys)」を20年以上にわたって使用しており、WLAに精通している。匿名でインタビューに答えた同社のワークロード自動化管理者は、AutoSysの最新バージョン「11.3.7」を高く評価していた。このリリースにはさまざまなオプションがあるが、特に注目したいのは、標準API、SQLコマンド、プラグイン、コマンドラインインタフェースを利用できることだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

電子書籍の閲覧デバイスはスマートフォンが主流、10〜20代では9割に迫る――マクロミル調査
いまだに読書は「紙」が主流。ユーザーの84%が紙の書籍を利用しているそうですが、週数...

news150.jpg

DataRobotとMarketoが連携、AIで業務の自動化と高精度な予測分析を一挙に実現
DataRobot Japanとマルケトは、「Marketo」と「DataRobot」のAPIによる接続検証を行い、...

news097.jpg

HubSpot CMOに聞いたインバウンドマーケティングの新フレームワーク「フライホイール」のこと
HubSpotが提唱するインバウンドマーケティングを実践するための新フレームワークと製品体...