2018年09月02日 05時00分 公開
特集/連載

企業導入、ビジネス利用で考えるスマートフォンの1年間にかかる総コストは20万円以上? 企業の負担額を計算

企業で利用するモバイル端末のコストを正確に把握するには、さまざまな要素を考慮しなければならない。必要な要素を含めて正しい総所有コスト(TCO)を計算しよう。

[Matt Schulz,TechTarget]
画像

 企業のモバイル端末に掛かる総所有コスト(TCO)の計算は複雑だ。単に従業員1人当たりの料金を合計して算出できるものではない。

 私物端末の業務利用(BYOD)でも、会社支給端末の私的利用を許可する場合でも(COPE)、企業で使用する多数のモバイル端末のTCOを計算するには、さまざまな要素を考えなければならない。通信事業者に支払う料金や、私物端末の使用者に支給する補助金、ハードウェア(スマートフォン、タブレット、ノートPC、アクセサリーなど)の購入費に加え、エンタープライズモビリティー管理(EMM)の費用や、端末を管理するIT担当、セキュリティ担当の人件費、モバイル端末対応ネットワーク費用などが関わってくる。

 ロンドンのモバイルセキュリティ会社Wanderaによると、米国の組織が支出する従業員1人当たりのモバイル端末経費の平均は年間1840ドルだという。モバイルアプリケーション管理(MAM)や、本人確認と認証などのサービスも加えると、モバイル端末のTCOは従業員1人当たり2000ドルを超えるだろう。

持ち込みか、貸し出しか

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

電子書籍の閲覧デバイスはスマートフォンが主流、10〜20代では9割に迫る――マクロミル調査
いまだに読書は「紙」が主流。ユーザーの84%が紙の書籍を利用しているそうですが、週数...

news150.jpg

DataRobotとMarketoが連携、AIで業務の自動化と高精度な予測分析を一挙に実現
DataRobot Japanとマルケトは、「Marketo」と「DataRobot」のAPIによる接続検証を行い、...

news097.jpg

HubSpot CMOに聞いたインバウンドマーケティングの新フレームワーク「フライホイール」のこと
HubSpotが提唱するインバウンドマーケティングを実践するための新フレームワークと製品体...