2018年09月02日 05時00分 公開
特集/連載

企業導入、ビジネス利用で考えるスマートフォンの1年間にかかる総コストは20万円以上? 企業の負担額を計算

企業で利用するモバイル端末のコストを正確に把握するには、さまざまな要素を考慮しなければならない。必要な要素を含めて正しい総所有コスト(TCO)を計算しよう。

[Matt Schulz,TechTarget]
画像

 企業のモバイル端末に掛かる総所有コスト(TCO)の計算は複雑だ。単に従業員1人当たりの料金を合計して算出できるものではない。

 私物端末の業務利用(BYOD)でも、会社支給端末の私的利用を許可する場合でも(COPE)、企業で使用する多数のモバイル端末のTCOを計算するには、さまざまな要素を考えなければならない。通信事業者に支払う料金や、私物端末の使用者に支給する補助金、ハードウェア(スマートフォン、タブレット、ノートPC、アクセサリーなど)の購入費に加え、エンタープライズモビリティー管理(EMM)の費用や、端末を管理するIT担当、セキュリティ担当の人件費、モバイル端末対応ネットワーク費用などが関わってくる。

 ロンドンのモバイルセキュリティ会社Wanderaによると、米国の組織が支出する従業員1人当たりのモバイル端末経費の平均は年間1840ドルだという。モバイルアプリケーション管理(MAM)や、本人確認と認証などのサービスも加えると、モバイル端末のTCOは従業員1人当たり2000ドルを超えるだろう。

持ち込みか、貸し出しか

ITmedia マーケティング新着記事

news135.jpg

オープンソースCMS「Drupal」商用版提供のAcquiaが日本市場に本格参入
Acquiaは、日本支社としてアクイアジャパンを設立したと発表した。

news115.png

Macbee Planetの成果報酬型広告運用支援ツール「Robee」、DACのDMP「AudienceOne」とデータ連携
Macbee Planetは、同社が提供する成果報酬型広告運用支援ツール「Robee」を、デジタル・...

news018.jpg

ミレニアル世代の85%が動画視聴後に購入の意思決定――Brightcove調査
動画コンテンツは購入の意思決定にどう影響しているのでしょうか。