2018年09月04日 05時00分 公開
特集/連載

IntelやArmほど一般的ではないが……Mirai亜種のIoTマルウェア「Okiru」とは? 標的は「ARCプロセッサ」

数十億台のデバイスをbotネットの一部にする恐れがある「Mirai」亜種がある。どのような仕組みなのか。どのようなデバイスが危険にさらされるのか。

[Nick Lewis,TechTarget]
画像

 「Okiru」というマルウェアは、2016年に猛威を振るったマルウェア「Mirai」の亜種だ。Okiruは15億台以上のデバイスをbotネット(遠隔操作マルウェアに感染した大量のデバイス群)の一部にする恐れがあると考えられている。Okiruはどのような仕組みで動作するのか。どのようなデバイスを危険にさらすのか。

 モノのインターネット(IoT)デバイス(ネットワーク接続型デバイス)のセキュリティ状況は、大規模な金融市場の下落リスクなどとは比べようがない。だがインターネットの相互接続性とオープン性が、IoTデバイスを悪用して大規模に感染を広げるマルウェア「IoTワーム」の存在を可能にしている。Miraiがそうだったように、IoTワームはインターネットの機能に大きな影響を与えることがある。

「ARC」が標的

ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

博報堂DYメディアパートナーズとDAC、業種特化型マーケティングソリューションの開発を開始
博報堂DYメディアパートナーズとDACは共同で、専門的な情報に特化したWebメディアと協業...

news033.jpg

広告運用の自動化 できることとできないこと
日本の広告運用の現場にも自動化がようやく浸透し始めています。とはいえ、全てが自動化...

news069.jpg

デジタル広告の効果測定、7割の広告主が「Cookieだけでは足りない」――サイカ調査
クッキーだけでは足りないといっても、子どものおやつへの不満ではありません。もっとず...