2018年08月07日 05時00分 公開
特集/連載

「Mirai」亜種、「Wicked」ボットネットはどのようにIoTデバイスを狙うのか脆弱性のある監視カメラやルーターが標的に

「Wicked」ボットネットはマルウェア「Mirai」の新たな亜種だ。脆弱なIoTデバイスを標的にして、既存の複数の脆弱性を悪用する。「Owari」「Sora」「Omni」など、他の亜種との関係性は。

[Madelyn Bacon,TechTarget]
画像

 研究者が、「Mirai」ボットネットのもう1つの亜種を発見した。だが、この亜種は以前のボットネットとは性質が異なる。

 「Wicked」ボットネット。作成者のハンドルネームにちなんで、このボットネットをそう呼んでいる。これは少なくとも3つの脆弱性を悪用して、パッチを適用していないIoTデバイスを標的にする。カリフォルニア州サニーベールを拠点とするFortinetのFortiGuard Labsで研究員を務めるロンメル・ホーベン氏とケニー・ヤン氏がこのWickedボットネットを発見し、他の既知のボットネットとの類似性を分析した。

IoTデバイスが標的に

 ホーベン氏とヤン氏はその分析の中で、次のように述べている。

ITmedia マーケティング新着記事

news109.jpg

Zenlyで見る「自宅滞在率」 都道府県別および国別比較
ゴールデンウイーク中の日本でコロナ感染防止に最も努めたのは自宅滞在率約78%の北海道...

news031.jpg

2時間配送を実現した「Walmart」他、米国のオンラインショッピングアプリが熱い
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大による外出自粛は世界的なトレンド。これに伴...

news135.jpg

コロナ禍で食費「増えた」が6割弱――電子チラシ「Shufoo!」運営会社が調査
「おうち時間」が増加したことで主婦の買い物動向はどう変化したのでしょうか。