2018年11月30日 09時00分 公開
特集/連載

高まるAzureの重要性「Microsoft Azure」の“AWS超え”なるか 関連製品を一気に拡充へ

Microsoftが「Microsoft Azure」関連の製品/サービスの充実を急いでいる。クラウドを将来の中枢に据え、クラウド市場の最大のライバルAmazon Web Servicesに対抗しようとする同社の姿勢が垣間見える。

[Ed Scannell,TechTarget]
画像

 Microsoftは、同社のクラウドサービス群「Microsoft Azure」の機能を活用した、多数の製品やサービスを公開した。Azureを同社の主要戦略を支える原動力にする構えだ。このことは、最大のライバルAmazon Web Services(AWS)に真っ向から対抗することを意味する。

 2018年9月後半に米フロリダ州オーランドで開催した「Microsoft Ignite 2018」で、Microsoftは70種類以上の製品/サービスを公開した。テクニカルプレビュー版から現製品の強化版まで多岐にわたり、機械学習をはじめとする人工知能(AI)技術が組み込まれていたり、Azureと連携したりする製品/サービスも少なくない。

 「こうした動きは、AzureがMicrosoftの未来を意味し、AWSのあらゆるビジネスへの対抗馬としての位置付けを得たことを示す」。こう話すのは、調査会社Forrester Researchのバイスプレジデント兼プリンシパルアナリストを務めるデイブ・バルトレッティー氏だ。

 Microsoftが戦略構想の中枢にAzureを据えたのは、驚くことではない。ここ数年、同社は「クラウドファースト」の旗の下、あらゆる中核製品のクラウド版を提供する取り組みを続けている。現在、クラウド分野に関して同社の最大のライバルとなるのがAWSだ。「MicrosoftはAzureに全力を傾けるべきだ。同社の戦略には今のところAzureが欠かせない」。調査会社451 Researchでリサーチアナリストを務めるカール・ブルック氏は、こう語る。

「Windows Server」「Azure Stack」を強化

ITmedia マーケティング新着記事

news089.jpg

Fringe81田中 弦氏×ヘイ佐俣 奈緒子氏 強い組織はプロダクトマネジメント視点で作る
Web業界で注目される気鋭の起業家2人が、組織や働き方のこれからについて語り合った。

news020.jpg

無料のデジタルコンテンツが有料になったら中高生の8割は「他の無料コンテンツを探す」――MMD研究所調査
MMD研究所とテスティーは共同で、中高生のデジタルコンテンツの利用と消費に関する調査を...

news018.jpg

「辛ラーメン」は「カップヌードル」の2倍超、訪日中国人の食品認知率――ヴァリューズ調べ
ヴァリューズは「中国人の食品ブランド認知・購入状況調査」を実施しました。