TechTargetジャパン

事例
パーセプチュアル・コンピューティング、組み込みアプリケーションのための変曲点
パーセプチュアル・コンピューティングは、パスワードの代わりに使用される顔認識や、コンピューターマウスからの入力の代替方法として使用されるジェスチャー解析など、パーソナルコンピューターの機能に適用される。人間との知的対話プロセスを完成するために必要な多く...(2015/10/27 提供:日本AMD株式会社)

技術文書
スマートなSDNの実現
 従来のヘテロジニアス ・ ネットワークは複雑化がますます進み、アップグレードや相互互換性の課題、進化するプロトコル、基盤となるハードウェア ・ プラットフォームにハードコーディングすることが一般的である管理方法が原因となり、 管理が困難になっている。 本...(2015/8/24 提供:日本AMD株式会社)

レポート
新世代プロセッサの仮想化環境ベンチマーク検証結果報告書
 仮想化システムの設計、サーバの追加導入や機種の更新を考える上で、必ず必要となる「性能の見積もり」。しかし、CPU性能やディスク性能が総合的に影響するアプリケーションには、性能を測るための「物差し」がなかなかない。そこで日本仮想化技術では、新世代プロセッ...(2013/4/30 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

事例
事例で学ぶ、設計開発を支える Dell Precision ワークステーション総合資料
 CAD、CG、シミュレーション、映像制作などのプロフェッショナル業務を支えるワークステーション。製造業においてもその存在は不可欠である。 さまざまなコンピューティング環境の中でも、特にハイレベルのパフォーマンスや信頼性が不可欠とされるその製品領域において...(2015/3/31 提供:デル株式会社)

技術文書
x86プロセッサにおける最先端電力管理技術
複雑なヘテロジニアスプロセッサは作業負荷がすべてのコアを未使用時に大量の未使用性能の余裕を残す可能性がある。x86プロセッサの高度な電力管理手法は、未使用コアの電力を削減するように設計されるが、その一方、パフォーマンス向上のため各コア間の熱資源(消費電力...(2014/10/21 提供:日本AMD株式会社)

事例
AMD APUを利用したインダストリアル製品事例の紹介
スマートカメラ技術における革新が急速に進み、より高速かつ小型で電力効率の高いビジョンシステムが生み出されている。そうしたビジョンシステムは、ますます高度化しているタスクに対して最適化され、インダストリアル、サイエンス、監視システムに至る広範なアプリケー...(2015/6/15 提供:日本AMD株式会社)

製品資料
OpenStackクラウド開発、最新技術をすぐに取り込めるLinux基盤の「12の条件」
 業務利用にも適したクラウド環境を構築・管理できるOpenStackは、実行環境となるLinuxがシステム全体のパフォーマンスや拡張性、データセキュリティの基礎となる。そのため、導入に際しては、OpenStackディストリビューションとLinux製品が相互に依存することを意識する...(2016/8/31 提供:レッドハット株式会社)

技術文書
EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版【2015年1月号】
 エレクトロニクス技術の今をまとめ読み――エレクトロニクス技術の最新動向をお届けする「EE Times Japan」と、電子設計の技術情報を発信する「EDN Japan」の両メディアが発行した「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2015年1月号をご紹介。 特集記事では、限界...(2016/7/4 提供:アイティメディア株式会社)

Webキャスト
オートデスク、アドビなどISV認定、プロ向けワークステーションの実力を探る
 ワークステーション選択の1つの目安となるのが独立系ソフトウェアベンダー(ISV)の認定だ。オートデスクやダッソー、アドビシステムズなどのISVおよびインテルやAMDなどのテクノロジーベンダーと連携して、ISVのアプリケーションが正しく、最適なパフォーマンスで動作...(2015/11/25 提供:デル株式会社)

技術文書
EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版【2015年9月号】
 エレクトロニクス技術の今をまとめ読み――エレクトロニクス技術の最新動向をお届けする「EE Times Japan」と、電子設計の技術情報を発信する「EDN Japan」の両メディアが発行した「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2015年9月号をご紹介。 特集記事では、「IE...(2016/7/6 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
OpenSSLの脆弱性問題で注目度急上昇「Forward Secrecy」って何だ?
 OpenSSLの脆弱性問題には、該当ソフトのアップデートという対処でいったん安全を保てるものの、サーバ管理者としては今後に備えて根本的な対策を施す必要がある。特に今回の問題を通じて、もしサーバのトラフィックを記録し続けている盗聴者がいて将来的に暗号化の秘密...(2016/6/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
組み込み機器開発とは何か?
 組み込み機器開発の初心者を対象に、「組み込み機器とは何か」という定義の説明からスタートし、Blu-ray Discレコーダーを例にした開発の流れ、組み込みソフトウェア/ハードウェア開発、そして組み込みOSの概略までを広く紹介する。 本ブックレットは、これから組み込...(2016/5/16 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
組み込みモジュール「COM Express」、最新の「タイプ7」とは?
 ADLINK CTOのジェフ・マンシュ (Jeff Munch) をリーダーとするPICMG COM Expressサブコミッティが策定した最新のCOM Express仕様が間もなくリリースされる。 最大4つの10GbE-KRインタフェースに対応したCOM Expressタイプ7にピンアウトは、将来の大きな発展の1つで、Io...(2016/5/9 提供:ADLINKジャパン株式会社)

講演資料
Windows 10への移行を機に考えるPC環境の運用管理――3つの更新オプションの使い方
 マイクロソフトが2016年3月に発表した、Skylake搭載デバイスの「Windows 7/8.1」サポートポリシーの変更で、2017年7月17日のサポート終了予定が2018年7月17日まで延長された。この発表にほっと胸をなで下ろしたIT担当者も多かったはずだ。しかし、「Windows 10」への移...(2016/4/25 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

技術文書
PS4の中身から、半導体の未来を占う
 半導体や電子機器の解析を手掛けるカナダの Chipworks は、スマートフォンやタブレット端末の分解リポートを公開する iFixit と共同で、ソニーの「プレイステーション 4(PS4)」を分解した。 「ソニーは、7年をかけて開発した多くの革新的な設計を PS4 に盛り込んだ」...(2016/3/28 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
普及が進むデスクトップ仮想化(VDI)、オープンで標準化された技術によるリファレンスアーキテクチャとは
 デスクトップ仮想化(VDI:Virtual Desktop Infrastructure)は、事業継続性の向上、セキュリティ強化、クライアント端末の運用管理の負荷軽減、ワークスタイル変革(在宅勤務やリモートアクセスによる従業員の生産性向上)など、ビジネスに大きなメリットをもたらす。(2015/11/18 提供:デル株式会社)

技術文書
若手エンジニアに贈る「組み込み業界の常識・非常識」【前編】
 本連載コラムは、組み込みソフトウェア開発を知り尽くしたベテラン・エンジニアから、若手の組み込みエンジニアへ贈る応援メッセージである。連載第1〜5回までを「Part1」としてまとめてお届けする。・第 1 回:どんな組み込みエンジニアになりたいですか?・第 2 回:...(2016/3/28 提供:アイティメディア株式会社)

事例
仮想化やディザスタリカバリ、6つのシーン別導入事例
 Windows環境のサーバ再構築、環境変化に応じたシステム基盤のクラウド移行、仮想化、ディザスタリカバリなどITプロジェクトの予算・工数を正確に管理し、管理者の負荷を軽減することは、企業にとっても経営課題の1つである。 本資料は、新たな専用ソフトウェアをインス...(2016/1/6 提供:ストレージクラフト テクノロジー合同会社)

レポート
ビッグデータ分析を強化する新たなプラットフォーム、もう1つの選択肢とは?
 ビッグデータ活用の最も大事なポイントは、膨大なデータからいかにして「価値」ある洞察、戦略や目標を見いだすかにある。住所や年齢、性別などの「構造化された」データだけでなく、電子メールやWebトラフィック、ソーシャルメディアやブログのフィードといった「非構...(2015/11/12 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
「CAD-VDI」の実効性アップのポイントは? 多様化する導入パターン早分かり
 「CAD-VDI」は、維持費用のかさむワークステーションに替えて、3Dが稼働する仮想デスクトップ環境を提供することで、柔軟な利用を可能にする。サーバを集約化しコストを低減させ、ユーザーの割り当ても迅速となり、効率的なCAD活用ができるということで、多くのユーザー...(2015/7/15 提供:兼松エレクトロニクス株式会社)

技術文書
次世代データセンターのためのサーバ製品導入戦略ガイド
 データセンターに新たなトレンドが押し寄せようとしている。 コンパクトなコンテナに必要な機能を集約した「マイクロデータセンター」、小型のSoC チップを利用した「マイクロサーバ」、Xeon に取って変わろうとしているさまざまなプロセッサ。 本製品ガイドでは、デ...(2015/4/22 提供:アイティメディア株式会社)

比較資料
「VMware vCloud Air」と「Microsoft Azure」のCPUパフォーマンス比較検証結果を読み解く
 VMwareが提供するパブリッククラウドサービス「VMware vCloud Air(以下、vCloud Air)」は、VMware vSphereを基盤として構築されている。提供しているサービスは、ディザスタリカバリ、専用クラウド、仮想プライベートクラウドの3種類だが、今回は専用クラウドサービス...(2015/4/3 提供:ヴイエムウェア株式会社)

技術文書
あらゆる組織に役立つ、「Surface Pro 3」で学ぶWindowsのデバイス展開手法
 数十台、数百台のデバイスにWindows OSをインストールするには、自動化ツールが欠かせない。こうしたツールを使い、アプリケーションやドライバのインストール、Windows Updateの適用といった作業を効率化させるのだ。複数のデバイスにWindows OSや各種設定を配布するこ...(2015/5/18 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
【6社の事例から学ぶ】設計開発プロセスを改革して競争力を高めるモノづくり
 最新のAutodesk製品のカタログ・ライセンス形態の詳細説明とともに、以下のような設計プロセスを改革した成功例を紹介する。1)Product Design Suiteをトータルに活用し、3Dデータを社内全体で使い尽くす…2)Inventorを介して連携するデザイナーとエンジニアの革新的3...(2015/7/23 提供:株式会社大塚商会)

製品資料
サーバ移行 虎の巻――Windows Server 2012/2012 R2を選択する意味とハードウェア条件を考える
 2015年7月に延長サポートが終了するWindows Server 2003を使い続けることは、セキュリティリスクを高めるだけでなく、アプリケーション改善の遅滞、競争力低下というビジネス上のリスクにつながる。 また、Windows Server 2003を搭載したサーバマシンが部門ごとに購入...(2015/7/16 提供:デル株式会社)

技術文書
シンプルで確実なサーバ移行を実現、そのための「ツール選定条件」とは?
 Windows Server 2003からの移行だけにとどまらず、企業システムでは度々サーバが移行される。サーバメンテナンスやシステムリソースの最適化、物理コンピュータから仮想環境やクラウドへの移行、合併や買収に伴う物理サーバから仮想サーバ、あるいは仮想サーバから物理...(2015/6/30 提供:アクロニス・ジャパン株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 5月20日号:Windowsから脱却するときが来た?
 Computer Weekly日本語版 5月20日号は、以下の記事で構成されています。■ムーアの法則から50年──新ビジネスモデルを模索するIntel 「ムーアの法則」が発表されてから50年。デスクトップ市場は縮小し、サーバ市場も先細りは確実。Intelはビジネスモデルの転換を迫ら...(2015/5/20 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
国内企業の4割以上がWindowsタブレットの導入に意欲的。その理由はここにある
 2014年のTechTargetジャパンによる「スマートデバイスの業務利用に関する読者調査」で、回答企業の43.4%が「Windowsタブレット」を今後導入したいと答え、iPadやAndroidタブレットを抑えてトップとなった。Windows 8.1の登場やWindowsタブレットの製品ラインアップが充...(2015/4/8 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
今すぐできる「Windows Server 2003/2003 R2からの移行ガイド」
 Windows Server 2003/2003 R2の延長サポートが2015年7月15日に迫ってきた。サーバOSの移行はクライアントOS以上に時間がかかるため、Windows XPのサポート終了時以上に早期に対応に取り掛かることが必要だ。サポート終了のOSを使い続けるとセキュリティ更新プログラム...(2014/10/30 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
今どきPCは2年で買い替えが当たり前? 失敗しない企業向けPCの選び方
 PCはこれまで「3〜4年」ごとの買い替えが一般的だった。だが、ビジネススピードの加速やワークスタイルの変革などに伴い、ITを取り巻く環境は大きく変化している。そうした中、果たして従来型の買い替えサイクルが得策といえるのだろうか。近年では、「2年ごとの買い替...(2015/3/26 提供:アイティメディア株式会社)

Loading