TechTargetジャパン

製品資料
ハイパーコンバージドインフラ基礎解説:性能と可用性を見極めるポイントは?
 仮想化環境に必要な要素がまとまったハイパーコンバージドインフラ(HCI)。ソフトウェアや管理ツールの機能に目が行きがちだが、その土台となるのはハードウェアの性能だ。スペックは当然として、注目したいのが信頼性や柔軟性を向上する機能だ。 例えば劣化したHDDは...(2017/3/24 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

Webキャスト
ストレージ6社のパネル討論でホンネが見えた、オールフラッシュの今
 ストレージは「フラッシュファースト」の時代だ。SSDの高速性ばかりが求められた段階を過ぎ、今はプライベートクラウドを含めた仮想化や基幹システム、サービス基盤など用途が拡大し、要件も多様となっている。 比較検討する際には、HDDストレージにフラッシュを搭載し...(2017/3/21 提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)

Webキャスト
「予測分析」で実績値99.9999%の可用性、ストレージの新たな未来を開く
 ストレージのメインストリームになりつつあるフラッシュストレージ、従来のストレージベンダーの新製品だけでなく、新興ベンダーも登場している。中でも、ファイルシステムと重複排除技術の第一人者同士が立ち上げたベンダーのストレージ戦略に注目したい。 パフォーマ...(2017/3/21 提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)

レポート
クラウド移行動向調査:移行における重要課題とベストプラクティスは?
 企業におけるクラウドの重要性は年々高まっている。オンプレミスサーバからクラウドへのシステム移行は、既に大きく進んでいるが、そこにはさまざまな目的や手法が存在する。今後、移行を検討する企業にとって、これらの企業の戦略に学ぶことは大きな意味を持つ。 そこ...(2017/3/15 提供:三井情報株式会社)

事例
「AWS×データ分析」構築事例3選──データ変換/統合を楽にするツール導入法
 Amazon Web Services(AWS)では、ソリューションアーキテクチャを理解することで、可用性や安全性が高く、業務負荷に合わせてインフラリソースを増減できるITシステムを簡単に構築できるようになる。しかし、そのコストまで含めてシステムを最適化するためには、さまざ...(2017/3/14 提供:Talend株式会社)

比較資料
【比較表】主要統合型バックアップアプライアンス、機能比較
 バックアップアプライアンスには「ターゲット型バックアップアプライアンス」と「統合型バックアップアプライアンス」の2種類がある。ターゲット型はバックアップ保存先ストレージのみ、統合型はバックアップ保存先ストレージとバックアップサーバを組み合わせた製品を...(2017/3/13 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
徹底調査:あなたの企業は24時間365日の可用性を実現できている?
 仮想化技術やクラウドサービスの導入が進んだ現在、可用性の重要性は以前にも増して大きくなっている。それはバックアップや災害復旧(DR)計画などへの要求が高まったことだけではなく、アプリケーションの大半がミッションクリティカル、ビジネスクリティカルなものへ...(2017/2/23 提供:Veeam Software Japan 株式会社)

製品資料
中小企業のDR/BCP対策、仮想環境の可用性に対する「5つの課題」
 中堅・中小企業における事業継続計画(BCP)/災害復旧(DR)への意識が高まり、業務データのバックアップ環境の整備が急速に進んでいる。しかし、その運用で大きな課題に直面するケースも多数見られる。中でも深刻なのが、ダウンタイムと安定性の問題だ。 ESGの調査に...(2017/2/23 提供:Veeam Software Japan 株式会社)

レポート
「投資しても止まるシステム」 可用性の投資ギャップはなぜ発生するのか?
 いつでもどこでも接続できる常時稼働のビジネス環境をユーザーに提供するため、システム管理者は、日々、アックアップ/レプリケーションの管理に取り組んでいる。しかし、仮想化が進んだ現在のシステムで、その理想を実現することはなかなか難しいようだ。 企業調査に...(2017/2/23 提供:Veeam Software Japan 株式会社)

事例
シンプル運用で高信頼化を実現、京都岡本記念病院の「止まらない医療システム」
 電子カルテなどの基幹システム以外にも、停止してはならないシステムを多数抱える医療機関にとって、医療システムの可用性確保は最重要課題だ。しかし、医療業界でもITシステムの複雑化が進んでおり、コストや運用工数を抑えつつ医療システムの信頼性を向上させる方法が...(2017/2/21 提供:日本ストラタステクノロジー株式会社)

製品資料
6ステップで導入、コントローラー内蔵アクセスポイントで無線LANはどう変わる?
 無線LANは、導入規模によって機器の選び方やセットアップの手順が異なることから、これまでは導入に際して、スキルや工数、予算など、多くのものを必要としてきた。しかし、仮想コントローラー内蔵型のアクセスポイント(AP)の入手性が向上したことで、そのハードルは...(2017/2/15 提供:ソフトバンク コマース&サービス株式会社)

製品資料
「Windows Server 2016」に最適なHCIは? 新たな分散ストレージ機能を徹底解説
 x86サーバの高性能化が進んだことで、物理サーバ1台あたりの仮想サーバ数やサービス数は増加傾向にある。その結果、従来の仮想化基盤では、SANやNASなどの共有ストレージにこれまで以上のI/Oが集中し、予算内で各仮想マシンの性能を維持することが難しくなってきた。 ...(2017/2/10 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
AWS移行の新常識、「Amazon WorkSpaces」でデスクトップ運用負荷を大幅に軽減
 近年、業務システムや業務環境のクラウド移行がさまざまな形で進んでいる。その背景には、オンプレミスや仮想基盤に展開されたシステムの全面移行にも対応できるセキュリティと可用性を備えた「Amazon Web Services」(AWS)などの存在がある。 AWSが選ばれる理由には...(2017/2/7 提供:株式会社サーバーワークス)

Webキャスト
ハイパーコンバージド活用法――本当に構築・運用は簡単になるのか?
 仮想化システムの構成要素は多い。サーバ、ストレージ、ネットワークに加え、仮想化ソフトウェアや管理ツールを組み合せ、設計、導入する必要がある。一方で、容易なシステム構築、早いリソースの提供、拡張・運用の容易性といった要求も高くなっている。 そこで、パブ...(2017/1/31 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
パブリッククラウドのセキュリティは大丈夫? そんな不安を解消するには
 クラウドやモバイル端末の業務活用が進んだことで、企業の生産性は大きく向上した。その一方で、管理すべきプラットフォームの拡大は、アプリケーションの可用性やパフォーマンス、セキュリティを維持する管理者にとって困難な状況を生んでいる。 その一例が、Webアプ...(2017/1/31 提供:F5ネットワークスジャパン株式会社)

製品資料
すぐ分かる「VMware vSphere 6.5」 絶対に押さえておきたい7つの機能強化
 日々生まれるセキュリティの脅威や複雑さを増すインフラ環境への対策として導入が進むサーバ仮想化技術。その中でも「VMware vSphere」は、ITインフラやアプリケーションに高いパフォーマンスと可用性を与える製品として人気が高く、クラウド基盤などでの採用が進んでい...(2017/1/16 提供:ヴイエムウェア株式会社)

事例
突き止めた帯域圧迫時間は「午後の30分間」、パフォーマンス低下原因の見つけ方
 旅行ガイドブックでもその名を知られるタイヤメーカーのミシュランは、「プロセスの質」を重視した開発を行っている。同社は、開発段階でのビジネスアプリケーションの分析と予防的なモニタリングを課題としていたが、従来のネットワークプローブでは十分な役割を果たせ...(2016/12/19 提供:リバーベッドテクノロジー株式会社)

事例
180カ国で発行される新聞、その制作工程の自動化に必要だったものとは?
 世界各地のニュースを提供するインターナショナル・ヘラルド・トリビューン(現インターナショナル・ニューヨーク・タイムズ)は、世界各国に37の支局と1200人超の特派員を擁する報道機関だ。同社は、数々の報道賞の受賞を誇ることでも知られるが、その新聞製作工程には...(2016/12/19 提供:リバーベッドテクノロジー株式会社)

事例
Amazon Auroraで高可用性DBを構築――ノウハウ不要で始めるクラウド移行
 近年、盛んに行われているデータベース(DB)のクラウド移行。クラウドならではの高可用性、拡張性、運用の容易性など、移行することで得られるメリットは多い。しかし、オンプレミスの構成をそのままクラウドへ移行するといったような「単純移行」では、クラウドのメリ...(2016/12/16 提供:クラスメソッド株式会社)

事例
Amazon Auroraで高可用性DBを構築――ノウハウ不要で始めるクラウド移行
 近年、盛んに行われているデータベース(DB)のクラウド移行。クラウドならではの高可用性、拡張性、運用の容易性など、移行することで得られるメリットは多い。しかし、オンプレミスの構成をそのままクラウドへ移行するといったような「単純移行」では、クラウドのメリ...(2016/12/15 提供:アマゾンウェブサービスジャパン株式会社)

製品資料
Amazon EC2実践ガイド:HAクラスタを構築してアプリ可用性と耐障害性を確保
 高いSLAを提供するAmazon Web Services(AWS)だが、大規模障害とまったく無縁というわけではない。そこで、大規模障害に対処し、AWS上でアプリケーションの可用性を確保・向上させる手段として、オンプレミスと同じようなHAクラスタ環境を構築する企業も多い。 こうし...(2016/12/1 提供:サイオステクノロジー株式会社)

製品資料
AWS上で“オンプレミス並みのアプリ可用性”を確保するHAクラスタシステム構築法
 Amazon Web Services(AWS)でシステムの可用性を高める方法として、データベースにAmazon RDSを利用したり、Amazon EC2のリカバリー機能を利用したりするユーザーは多い。しかし、バージョンによる制約を受けるケースや、アプリケーション障害に対してユーザー自身で対...(2016/12/1 提供:サイオステクノロジー株式会社)

レポート
徹底比較で分かった「クラウドデータベース」の“本流”、失敗しないための選び方ガイド
 データベースをクラウドに展開する場合、開発者やアプリケーション設計者には多様な選択肢があり、最良のものを選ぶのはなかなか難しい。独自のデータベースサーバをIaaSに展開すべきか、それともPaaSに切り替えるべきか。DBaaS(Database as a Service、サービスとして...(2016/11/25 提供:KDDI株式会社)

Webキャスト
SSDを超えた「2次元RAID」のオールフラッシュストレージの実力を探る
 フラッシュストレージの代表的な存在であるSSDストレージは、HDDとの互換性を維持するためにフラッシュチップが持つ特長を犠牲にしている。その一例が「HDDと同じように壊れる」ための設計がされていることだ。 一般的に、SSDにはフラッシュチップが6〜8基搭載されてい...(2016/11/14 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
セントラル短資FXに学ぶDBレプリケーション、リアルタイムBI活用を支える5要件
 データ分析にリアルタイム性が求められるようになったことで、データベース(DB)の可用性に対する考え方も大きく変わった。近年はリアルタイムBIを活用する上で、本番DBに負荷をかけずにリアルタイムに近い複製ができるレプリケーション環境が欠かせないものとなりつつ...(2016/11/10 提供:クエスト・ソフトウェア)

製品資料
仮想化環境の可用性向上術――重要なデータを保護しながらシステムを高速復旧
 多くの企業で仮想化環境の採用が進むなか、事業継続計画(BCP)/災害復旧(DR)対策などに向けた高可用性を実現する方法にも変化が求められるようになった。その変化に対応するためには、まず仮想化環境における可用性と密接に関係する、網羅性、迅速性、適切性につい...(2016/11/9 提供:サイオステクノロジー株式会社)

事例
新日鉄住金ソリューションズが提供するマネージドクラウドサービスの運用管理環境を守る次世代ファイアウォール
 ミッションクリティカルな基幹系システムに対応するマネージドクラウドサービス「absonne Enterprise Cloud Service」を提供する新日鉄住金ソリューションズ。同社はこれまで、absonneの管理セグメントのネットワークに、ファイアウォールやフィルタリングなどに特化し...(2016/11/1 提供:パロアルトネットワークス株式会社)

事例
慶應義塾に学ぶDNS刷新、仮想化インフラのノンストップ運用を実現した秘訣は?
 日本で最も長い歴史を持つ総合学塾としてだけではなく、世界レベルの教育研究を行うトップ大学としても知られる慶應義塾。同塾では、仮想化やクラウドなどの技術を活用して各種基盤システムやサーバの可用性向上に取り組んでいる。 特にシステムのインフラについては...(2016/10/28 提供:アカマイ・テクノロジーズ合同会社)

事例
わずか半年でユーザー急増、カゴヤ・クラウド/VPSのSSDモデルが人気の理由
 茶摘みのかごの販売店として開業し、現在では京都を拠点にデータセンター事業を展開するカゴヤ・ジャパン。同社は、データセンターそのものを自社で運用管理する数少ないホスティング事業者であり、サービスの可用性や柔軟性を武器にさまざまなサービスを展開している。(2016/10/24 提供:株式会社PALTEK)

製品資料
非構造化データ急増時代に求められる「マルチモデルデータベース」とは
 近年、データ量の増大が進んでおり、とりわけ非構造化データが大きく伸びている。その傾向は今後も続くと予想されるが、それに伴って企業では非構造化データの扱いが課題となっている。ITシステムは主に構造化データのためのRDBMSを基盤としたものであり、非構造化デー...(2016/10/19 提供:インターシステムズジャパン株式会社)

Loading